AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

【VOLVO240 1993年式最終型クラシック ルビーレッド】

 
新着!厳選中古車

■非常にレアな240ルビーレッドが訳あり価格で登場!?■

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

非常に珍しい240エステートのルビーレッド。個性的な雰囲気になってます。

 

 

 

【240の魅力】

 

240は全世界から優れたの部品を集めて作った当時最高峰クラスの車!?

だからこそ今も尚、240は走り続けているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンプルな4気筒エンジン。アイドリング時のマフラー音は独特なビートを奏で、走り出すと安定して来て音も静かになります。このエンジンは平均時速120Km程度で一番心地よい運転が出来るように考えられています。

 

こういう点がアウトバーン仕様と言える点でしょうか!また良い意味でエンジンの調子が手に取るように分かります。ブレーキは2系統!ABSは入っていませんがブレーキは2系統あります。そのためどちらかが故障したとしても必ず止まるように出来ています。

 

運転席に座ると前・後・横とすべて車のSideが見えるので、大変運転のしやすい車です。車内の部品はすべて柔らかい素材のもので出来ています。

 

万が一事故にあった時、部品が車内にいる人間を傷つけないように配慮してあります。寒い国の車なので寒さに強く、暑さに弱い!エアコンが効かない訳ではありませんが夏場はまあまあ暑いです!ですが対策はありますよ!冬場は暖房が暑いくらい効きます。

 

240は鋭角に曲がります。狭い交差点でも左右を確認してからどちらかにハンドルを目一杯きりアクセルを踏むと一発で曲がりきります。切り返しなどする必要はありません。下手したら軽自動車より曲がります!ちなみに最小回転半径は4.9mです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボディーはサビに強い!寒い国の車ゆえに凍結防止剤のことを十分考えて作られているので、塗装に関してもボディ・シャーシ全体を塗装のプールに付ける形を取っています。さらに下回りは厳重に凍結防止剤よけが塗装されています。全体が日本車より2~3層多く重ねて塗装されています。

 

安全のためにドアの中には鉄骨が横に2本入っています。そのためにドアは大変厚く重いです。横からの衝突にもシッカリと対応しています。
鉄板が厚いのでスピーカーを変えるだけでボディーもビビらず良い音鳴ります。
燃費は街中で7.5キロ高速で10キロぐらい走ります!

 

 

【VOLVO240とは】

1974年にデビューし、今なおボルボの代名詞となっているボルボ240。大人5人と多くの荷物を満載してもゆとりあるユーティリティに加え、 長距離ドライブでも疲れないシートがもたらす快適な運転環境があります。 そして世界トップクラスを誇る安全性はエアバック、ABSの標準装備により、いちだんと熟成を深めました。

オールドボルボに共通して言えることですが、商業主義的にコストダウンすることなく、安全性をきっちり追求した車造りがされているところもボルボの魅力なのです。例えばドアが車体と比較して小さいのも、事故の際に乗員の安全性を最大限に守るためだったりします。

 

 

http://v240.jp/

   ↑

より詳しく240の歴史に触れたい方はこちらからどうぞ

 

 

さらには1993年モデルは、パワーユニットには130馬力へとパワーアップを果たした、SOHC直列4気筒エンジンを搭載。
高剛性シャシとサスペンションとのベストマッチングによりドライバーの意思に忠実な、安定した走りを生み出しています。
ボルボ240ワゴンは流行を追うことなく、真のクオリティだけを追求していくフィロソフィーで支持され続けロングセラーを記録しております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オールドボルボに共通して言えるのが商業主義的にコストダウンすることなく、安全性をきっちり追求した車造りがされているところもボルボの魅力なのです。

 

 

デビュー以来今もなお世界中で愛され、信頼され、乗り続けられています。

また、この一台には乗る人のライフシーンを支える豊かな資質があふれています

 

 

http://v240.jp/

   ↑

より詳しく240の歴史に触れたい方はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

【装備】

1990年モデル/ 正規ディーラー車/ 右ハンドル/ 人気の本革黒/ 社外オーディオ/ タイミングベルト交換済(2015.4/15.6万km時)/

 

メッキモール仕様/ メッキグリル/ メッキフロントガラスモール/ エアコン装備/ 前後パーワーウィンドウ/ 前後ディスクブレーキ/ 程度良好車

 

 

 

【担当:井上レビュー】

 

【外装 機関】
1993年式最終型クラシックルビーレッド!このカラーは非常に珍しいですね!
残念ながら赤系特有の塗装のハゲが天井とボンネットにありモールも若干腐食がみられます。
まあこれはこれで味があっていいんですけど、もし塗装をされたとしても機関系統は問題ないので
この状態でこのお値段はお買い得かと思います。と言うのは標準で今ではなかなか手に入らない状態の良いコロナホイールが装備されているからです!このホイールが装備されているかいないかで雰囲気がガラッと変わるので、後から手に入れようとしても難しいかもしれません!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

試乗しましたが最終型なのでエンジンは調子良かったです!問題ないですね~
少しブレーキの効きが甘いので点検時に確認してもらうので特に問題はないです。
240は基本エンジンが丈夫なので小まめなオイル交換、消耗品の交換、定期点検ぐらいで
30万キロから50万キロぐらいは問題なくお乗り頂けるかと思います。
しかも当社で点検整備して記録簿もあり出所がはっきりしてるので安心です!
もし何かあっても弊社には新車当時から200seriesに携わっているベテラン整備士がいるのでアフターサービスも万全!!
しかもサプライパーツが安いので他のクラシックカーなどに比べて維持費が安く済みます。
カスタムベース車輌にはぴったりな一台ですね!!

64

【内装】
内装はシート以外は問題ないですね~!残念ながら両フロントシートはぼろぼろです。本革シートはダッシュボード同じぐらい状態のいい物を見つけるのが難しいんですね~。これはもう当社オリジナルVOLTS製シートカバーを掛けるしかありませんね!

53

240特有のダッシュボードのひび割れはありませんし、ドアパネル、サイドポケットも綺麗な状態なのでシートカバーを掛けてあげるだけで内装はピカピカに蘇ります!ポイントとして渋いのがメーターパネル横にあるアナログ時計!これは1990年式の私のには付いて無いんですが1993年モデルは標準装備ぽいです!羨ましいー当社では新たにパーツ専門店舗が併設されております。カスタムパーツ、サプライパーツなど数多く取り扱っており、店舗に無い物も海外(IPD等)からお取り寄せ可能となっております。尚、部品取り車も常備いたしまして中古パーツも豊富に取り揃えております。

 

 

 

オリジナルの240を作りたい方!是非ご利用下さい!

 

 

 

 

img_0814-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc img_0815-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

プロフィール 井上 達也

サーフィンと240を愛する男。240暦8年。鋭い感覚と感性豊かなフィーリングを重視している。240への思いはかなり熱い。フレンドリーでクールなトークで240のよさをわかりやすく伝えることを得意としている。

 

 

 

 

 

 

 

【240ユーザーになられたお客様からの声】

 

 

 

 

■お客様 S 様

信頼できるお店

ボルボの知識が豊富なお店 いい車が見つかりました。 ボルボを検討されている方は一度立ち寄ってみてください

 

 

 

■お客様 D 様

非常に好感持てました。

スタッフの方々の丁寧な対応が非常に好感持てました。 初めての旧車で少し不安ですが今後とも宜しくお願いします

 

 

 

■お客様 T 様

ボルボ240を探していましたが古い車なので少し心配していました。実際お店に来てみると、店内やスタッフの皆さんの丁寧な対応、車に対する気持ちが伝わり、ここならまかせて安心だと思いました。とても満足です。

 

 

 

 

 

メカニック紹介

■240を整備して30年、Dr数見裕穂■

maintenance01_3fullsizerender-6

サブディーラーさんで整備士として働き始め、すぐにボルボディーラーに配属になる。 その頃はまだ240が新車で販売されていた 時、約30年近く前のことだったそうです。 その頃は一心不乱に整備に明け暮れる毎日でした。経験を積み重ねたからこそ、いつでも冷静に判断ができ寡黙な所もかっこいいい整備士ですが、240への情熱は今も昔も変わりません。
珍しい240ターボ帝人ボルボ時代の244なども整備経験がある、弊社自慢のボルボを知り尽くした男です。

 

 

-月別アーカイブ-



-カテゴリ別-