AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

940 クラシック フェンダー調整

 
メンテナンスブログ

皆様、こんにちは!

ドクターVの譚(タン)です! 今朝、家から出た時に、空が雲少なくて澄み渡り、高く広々とした様子を見えました。やはり、秋の大気が澄んで空が高くなりましたと感じました。この気分が、日本語調べて、秋高しといい、勉強になりました。だからこそ、ツーリング行きたくなりました。@^▽^@

今日のブログの主人公は、馬を乗っている940クラシックです。

この940は、1996年モデル、21年経過で、ちょうど大学三年生の年です。外観から、カクカクしたスタイルがまだ人気あります。21年経過の輸入車だけど、消耗部品も、まだ見つかれます。それに関する部品を見つかることが、ドクターVに任せて、間違えないです。ボルボに堪能ですから(皆様、僕の日本語を笑わないで下さい)≧∀≦

今回のフェンダー調整する理由は、タイヤの厚さが厚くて、写真を見たら顕著な差がありますね。走行するとき、フェンダーに当たりました。お客様の希望で、タイヤ交換しなくて、フェンダー調整を行います。確かに、自分だったら、あんなにかっこいいBBSを交換より、フェンダー調整のほうがいいと思います。

さぁー、本題のフェンダー調整に入りましょう。

作戦は、空間を作る為に、指で触っているフェンダーのツメ部分を奥まで折ります。タイヤの幅も広くて、その部分がタイヤを摩擦して、タイヤが切れになってしまう。

まず、フロントインナーパネルを外して、ヒータガンで、ツメを加熱して、温度が上げ利ます。そしたら、ツメがやわらかくなって、折りやすくなりました。

塗装を割れにくくする目的もあります。

その後、加熱しながら、ペンチでちょっとづつ折ります。幅が、5~10センチぐらいで、ベンディングの頭が入れば良いです。

そしたら、この工具が必要です。ベンディングです。その前に、ドクター松久から、ベトナム三兄弟の”次男”ドクターファンに、作業前の説明を行いました。ファンから聞いた、ベトナムでベンディングを見たことがない、皆ハンマーでやります。ファンの目付きから、すごく集中していると感じました。ベトナムで、ドクターVの新店舗を期待してます。━(゚∀゚)━

ベンディングの固定は、付属のテーパーアダプターをつけて、ホイルナットで閉めます。付属の使い方を見たら、すぐ分ると思います。細かい作業ですので、ベンディングのパワーで、フェンダーの角度が外へオーバーする可能性が高いので、角度を少しづつ調整しながら、折ります。一個の角度が間違えたら、全体の調整になりなりますので、お気をつけてください。僕みたい、うかつな人に、この作業を進めないです。

外側と内側の温度差があるので、念の為に、加熱しながら作業したほうがいいです。

これが、フロント右側の完成図です。あと、三つがあります。

ドクターファンは、僕がブログを書く間に、まだ頑張っています。

以上、譚(タン)でした。

ドクターVの940中古車状況はこちらをクリック!

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

-月別アーカイブ-



-カテゴリ別-