AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ(VOLVO) 240 メーター 修理

 
メンテナンスブログ

 

こんにちは!

メンテナンスドクターの松久です。

最近、うちの子供が階段を登るようになり目が離せなくなってきた今日この頃です。

テーブルに頭をぶつけたりと、世の中のお母様の大変さを身をもって感じています。

さて、今日はボルボ(VOLVO)240のメーター修理です。

オドメーターギアが欠けてしまったのではないかとの事で、アドバイザーの井上が交換しましたが直りませんでした(-_-;)

基盤が怪しいと言う事で、点検してまいります。

 

 

もろもろ、点検してみました。

テスターを使いながら各部品の足に電気が通っているかを、一つずつ点検していきます。

結果は、ハンダ割れでした。

どうにか再度ハンダ付けを行いました。

 

 

Mの部分が再度ハンダ付けをした箇所になります。

そこそこ綺麗に盛れて一安心です♪

サクサク組み上げていきます。

 

 

ボルボ(VOLVO)240のメーターといえば、枠に白カビみたいなものがついている車輌がありますよね。

分解の際は、しっかりとお掃除をして黒い枠に仕上げていきます。

組み付け後は、アドバイザーの井上が再度チェックしていきます。

結果はお楽しみに・・・

まだまだ整備はありまして、テールゲート内のハーネスをメンテナンスドクターのファンが交換していました。

 

 

普段はチャラチャラしていますが、メリハリがしっかりしていてとても頼もしいです。

テールゲートでルーフを傷をつける事無く無事に完了していました。

整備後に傷が入ってしまっては、よろしくないので慎重に整備をしていきます。

 

そんなこんなで、ボルボ(VOLVO)V50のオイルパンが割れてしまった車両があるので外して点検していきます。

 

 

アンダーカバーにヒビが入り、エンジンオイルパンが割れていました(^_^;)

内部が心配でしたが内部はというと・・・

 

 

ピンボケしていますが、どうにか無事のようです。

衝撃でオイルストレーナー(エンジンオイルを吸い上げるパイプ)が曲がっていないか等、心配要素がございましたが、どうにかオイルパンのみで大丈夫そうです。(Oリングなどの付属品はもちろん交換します。)

ボルボ(VOLVO)240等ではオイルパンの材料がアルミではなく鉄製なので、多少の衝撃でも割れることはございません。(それでも、内部はわかりませんのでそのままで良いかは微妙。)

しかし、割れてしまってオイル漏れに気づかずエンジンを焼け付かせる心配はありませんので個人的には鉄のオイルパンが好きです。

このままでは、虫がエンジン内部に入る恐れがありますので、しっかりと養生していきます。

今日は、ここまでです。

以上、松久でした!

 

ドクターVのボルボ240中古車状況はこちらをクリック!

 

VOLVOの調子が悪いと感じたら、Doctor.Vホームページ内

「ボルボのトラブル俺に聞け!」をぜひご活用ください。

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 

-タグ-


-カテゴリ別-



-月別一覧-



-年別一覧-