AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ 専門店 ドクターV(Doctor.V)

鈑金ブログ

鈑金ブログ「ボルボ 240 ダークグレー」 その①

 
鈑金ブログ

こんばんは。

DoctorV鈑金の下條です。

 

今回は、ボルボ240ダークグレーの鈑金・塗装を行いました。

 

その作業様子と、

行った箇所が、複数ありましたので、

分けてお伝えさせて頂きます。

 

 

まずは、左フロントドアの傷を治しました。

 

 

Before

 

 

少しわかりにくいのですが、

横に伸びる擦り傷と凹みがあります。

※反射している棒が凹みにより歪んでいるのがお分かりになるかと思います。

 

After

 

 

 

まだ、ひと工程作業が残っておりますが、

現状のAfterとして、上げさせていただきます。

 

※完成は、最後にまとめてアップいたします。

 

 

 

 

 

傷の部位を研磨していき、

凹み自体は、大きなものではなかったため、

パテを盛ることで修理をしていきます。

 

 

 

研磨にて、形を整えて、

塗装を行えば、Afterと同じ状態になります。

 

 

 

 

今回は、ここまで、

次回は、残りの部分右フェンダーと右フロントドアの

作業様子をお伝えいたします。

 

予告のチラ見せです。

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「ボルボ V40 ラピスブルーメタリック」バンパー塗装

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

DoctorV鈑金の下條です。

 

 

 

 

今回は、綺麗なラピスブルーメタリックのボルボV40です。

 

修理箇所は、バンパーです。

 

以前、ぶつけてしまって直そうと思っていた時に、

DoctorVから配送させて頂いておりました。

「鈑金塗装20%OFF」を見て、ご来店頂きました。

 

ありがとうございます。

 

 

そのお直しの様子になります。

 

まずは、Before&Afterです。

 

 

 

Before

 

  

 

After

 

 

※モールは行わず、バンパーのみの対応となります。

 

 

 

お問い合わせいただいた時は、

凹みは直さず、塗装のみで当日返却のご予定でしたが、

 

塗装のみでは、濃色の場合、目立ってしまうこと

ご説明させていただき、

凹みも直し、1日お預かりとさせて頂きました。

 

 

合計時間は、6時間半の修理となりました。

 

 

 

そして、私が集中しすぎるがあまり、

凹みの修理やら、研磨姿などを撮り損ねてしまいました。

次回からきちんと作業工程の写真を撮ります。

 

 

なので、写真に気が付いた。塗り終わった時の写真になります。

 

 

バンパーの途中で、縦にプレスラインがあったため、

クリアをバンパー全体でなく、

そのプレスラインまでの範囲で済みました。

そのお陰で、とても早く作業が出来ました。

 

 

 

もう一度、After写真です。

 

 

色のボカシもうまくいったので、

早くお客様に届けたいです。

 

 

今回は、ここまで!

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「DoctorVの鈑金への想い」

 
未分類, 鈑金ブログ

こんばんは。

 

今回は、DoctorVが自社で鈑金を始めた

 

その想いを掲載いたします。

 

 

 

 

 

 

DoctorVは、

 

ボルボユーザー様が、より永く安全に乗って頂くために

 

ボルボ専門店として、中古車の販売と、整備を行ってきました。

 

そして、鈑金・塗装については、信頼のできる他社へ依頼をさせて頂いておりました。

 

 

 

 

しかしながら、昨今では、車の保有数が減ってきたこと、

 

愛車を家族のように大切にされている方が減ってきたことなどにより、

 

本当に残念なことに信頼していた鈑金工場が減ってきてしまいました。

 

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

 

DoctorVを頼ってきたくださった。

 

皆様の想いを実現させていただくために

 

DoctorVは、今までボルボを扱っていた知識と経験を活かし

 

新たに、鈑金・塗装を始めさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

ボルボを家族のように大切にされている

 

ボルボユーザーの皆様が、喜んで頂けるよう

 

一生懸命行わせていただきます。

 

 

 

 

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 


鈑金ブログ 豆知識「クリアー塗装の必要性」

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

今回は、鈑金・塗装のプロが教える豆知識

 

「クリアー塗装の必要性」についてです。

 

 

 

 

お客様の中や、ネットでの書き込みを見てみると、

 

 

「クリアー塗装をしなくていいので、ついでにココも塗って頂けませんか?」

 

「クリアー塗装ってなんの意味があるの?」

 

などなど、耳にいたします。

 

 

 

ズバリ!クリアーは、

 

「車の艶出し」「塗装を守る」2つの役割があります。

 

 

 

車の綺麗な艶は、ベースカラーを塗っただけでは出てきません。

 

その為、クリアーを塗装し、磨くことで、

 

艶やかなボディが出来るのです。

 

 

 

 

また、外気に触れることや、紫外線を浴び続けることで、

 

ベースカラーは色が褪せたり、剥がれるなど劣化します。

 

クリアーが、外気や紫外線から守るってくれることで、

 

綺麗な車が保たれます。

 

 

 

 

愛車の艶が無くなってきなぁ~と感じたら、

 

お問い合わせください。

 

無料でお見積りをさせて頂きます!

 

 


鈑金ブログ「ボルボ 940シルバー」左フェンダーの塗装

 
未分類, 鈑金ブログ

こんばんは。

 

鈑金の下條です。

 

 

 

 

今回は、「ボルボ 940シルバー」の左フェンダー

 

を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

Before

 

 

  

 

 

軽い擦り傷だけでしたので、塗装で対応しました。

 

 

 

After

 

 

 

 

 

 

 

 

ベースカラーの塗装も

 

クリアの塗装も、一発綺麗に仕上がりました。

 

 

まだ、磨きが終わっていませんが、一晩乾燥を待ち

 

この調子で、明日も仕上げていきます!

 

 

 

今回は、ここまで

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「輸入車の鈑金・塗装 受付中」

 
鈑金ブログ

こんばんは。Doctor.V鈑金の下條です。

 

 

鈑金について、お伝えし忘れていたことがございましたので、

 

ここで、告知をさせて頂きます!

 

 

 

 

ボルボ専門店として、中古車の販売・整備をしております。Doctor.Vですが、

 

 

★☆★鈑金・塗装に限り★☆★

 

メーカー問わず輸入車の鈑金・塗装も対応しております!!

 

 

 

・メルセデスベンツ ・BMW
・Jeep ・プジョー

・ポルシェ

・キャデラック

 

 

などなど。

 

 

 

 

無料で見積を行っております!

 

 

 

 

まずは、お電話でご相談下さい!

 

☎:0120-157-356

 

ご連絡お待ちしております。


鈑金ブログ 「ボルボ V60ブラック」リアパンパー

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

Doctor.V鈑金の下條です。

 

 

 

 

 

 

今回は「ボルボ V60 ブラック」リアバンパーの

 

塗装を行いました。

 

 

 

 

Before

 

 

 

ぶつけて擦り傷が出来てしまっています。

 

 

 

After

 

 

 

じゃじゃーん!

 

磨き後も残すことなく綺麗に仕上がりました!!

 

 

 

 

 

 

作業を行う身としては、

 

少し大変ではありますが、

 

V60の美しい曲線を出すことが出来ると

 

とても達成感がわきます!

 

 

 

お客様が喜んでもらえると思うと、

 

早くお渡ししたいです。

 

 

 

 

 

 

短いですが、今回はここまで!

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ 240クラシックレッド」 その2

 
未分類, 鈑金ブログ

こんばんは。

 

Doctor.V鈑金の下條です。

 

 

前回の続き「ボルボ240クラシックレッド」が完成いたしました!!

 

 

 

 

Before

 

 

 

After

 

 

 

 

塗装箇所を最小限にすることで、

 

お客様がとても気に入られていた。

 

ビンテージ感を残す工夫いたしました!

 

 

 

 

 

曲がってしまっていたモールも元に戻し、

 

元々錆びてしまっていた箇所をしっかりと研磨、

 

クリアを塗装しなおしているため、

 

錆の対策もばっちりです!(>_<)

 

 

 

 

 

 

愛車の錆や凹み、傷などがございましたら、

 

Doctor.Vの鈑金にお任せください!

 

皆様のご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

では、今回はここまで

 

 

また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ 240クラシックレッド」

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

Doctor.V鈑金の下條です。

 

 

今回は、「ボルボ240クラシックレッド」右フロントドアモール

 

の鈑金を行いました。

 

 

 

 

長年240を愛用していただいているからこそ

 

モール部分が少し剥がれ、

 

そこから侵食し、錆が出てしまっておりました。

 

 

 

研磨をすると、錆て穴もあいてしまっております。

 

 

この穴は、このままパテで埋めてしまうと、

 

再度、侵食し、錆びかねないので、

 

しっかりとはんだで穴を埋めました(*’▽’)

 

 

 

錆を研磨した分凹んでしまっているので、

 

しっかりとパテで整形し、サフェーサーで細かく直していきます。

 

その後、丁寧に足付けをし、マスキングをしていきました。

 

 

最近、マスキングに慣れてきたため、

 

作業時間が、かなり短縮したのですが

 

それでも30分も経ってしまうと辺りはもう真っ暗です…(*_*)

 

 

 

 

今回は、ここまで!

 

次回、塗装し、完成まで行っていきます!

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「ボルボ 240白」リアハッチ その1

 
未分類, 鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

 

ドクターVの鈑金です。

 

 

 

 

【写真】

 

 

 

 

 

今回は、「ボルボ 240白」リアハッチ 錆・塗装のヒビを

 

 

 

 

 

鈑金・塗装を行いました。

 

 

 

 

 

Before・Afterとなります。

 

 

 

 

と言っても、進捗の途中段階です!

 

 

 

 

 

Bfore

 

 

 

 

クリア塗装面が劣化し、徐々に侵食・腐食して、さび付いてしまっています。

 

 

 

 

After

 

 

 

現状は、ここまで修理が出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業工程として、

 

 

 

 

まずは、錆と日々の部位を確認しながら研磨をしていきたいところですが、

 

 

 

 

 

リアハッチのパーツが邪魔してしまっているため、

 

 

 

 

 

パーツを外してから作業を行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外し終わったら、研磨し、パテを盛っていきます。

 

 

 

 

カーブの部分など、盛りすぎず、盛らな過ぎないよう

 

 

 

 

調整しながら行うことがとても難しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形が整いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスキングをして、ベースカラーが乗りやすいよう。

 

 

 

細かな凹凸を無くすために

 

 

 

サフェーサーを塗装していきます。

 

 

 

 

そして、Afterの写真になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで、

 

 

 

 

明日は、修理前と完成後のBefore・Afterをお見せいたします!

 

 

 

 

では、また~


鈑金ブログ 「色が変わる車の塗装」

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

 

 

本日は、関東で大雪と予想されていましたが、

 

 

 

 

そこまで、積もらない様で良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い中。ふと、温度で変化する車を思い出し、

 

 

 

 

気になってしまったので、色が変わる車をいくつか調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇温度で変わる車

 

 

 

 

 

こちらのランボルギーニは、なんと!塗装費用は、

 

 

 

3万5,000ドル(日本円にして400万円弱)程だそうです…

 

 

 

いつか自分もこんな塗装が出来るようになってみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

◇角度で変わる車

 

 

 

↓ 光の角度によって色が変わります。

 

 

 

この塗装は、<マジョーラカラー>と言うそうです。

 

 

 

街中で、この車を乗って居たら、目立つこと間違いなしですね!

 

 

 

でも、ぶつけてしまうと、オールペン決定です…(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

◇電圧で変わる車

 

 

 

 

電圧を変化させることで、様々な色に変化させることが出来るそうです。

 

 

 

動画がアップされているのが、2012年と7年前のものですので、

 

 

 

そう遠くない未来には、

 

 

 

その時の気分によって色を変化させる時が来るかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今回はここまで

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「940グリーン」リアフェンダー 塗装

 
鈑金ブログ

こんばんは。Doctor.Vの鈑金です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、「ボルボ 940 グリーン」リアフェンダー

 

 

 

 

 

長年乗られている為、劣化により塗装が剥がれてしまったとのことで、

 

 

 

 

 

その部位の塗装を行いました!

 

 

 

 

 

 

 Before 

 

 

 

 

 After 

 

 

 

 

クリアが剥げて、ベースカラーまで薄くなってしまっていましたが、

 

 

 

 

塗装しなおすことで、鮮やかなグリーンに蘇りました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、塗装だけでしたので、作業工程は簡単に、

 

 

 

 

 

まずは、研磨をして、塗装の厚み分、差が出来てしまっていたので、

 

 

 

 

 

サフェーサーを塗装する事で、その差を無くしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、ベースカラー塗装、クリアを塗装していきます。

 

 

 

 

 

 

メタリックが入っている場合。塗りたい箇所の一部だけを塗り続けてしまうと、

 

 

 

メタリックの層が厚くなり、光りすぎてしまう為、まんべんなく塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで!

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「Doctor.Vの鈑金サービス内容」について

 
鈑金ブログ

皆さん、こんにちは!

 

 

今回は、改めてDoctor.Vの鈑金サービスの内容を詳しく説明させていただきます。

 

Doctor.Vの鈑金は、

ボルボ車のみならず、輸入車専門で対応させて頂いております。

 

 

 

■輸入車だからという理由だけで高額見積もり・・・ Σ(・д・)

輸入車だからといって特別扱いしません!むしろ大歓迎!

 

■そもそも輸入車は取り扱わないといわれた・・・ Σ(・д・)

輸入車専門ですから安心してお任せ下さい!

 

■何日も(場合によっては1週間以上)かかる・・・ Σ(・д・)

当日のご返却が可能!スピードが売りです!

 

 

 

輸入車の維持にはお金がかかる・・・

 

という常識を打ち破ってきたボルボ専門店ドクターVだからこそ、

 

 

 

★とにかく早い!

 

★お手頃価格!

 

★綺麗な仕上がり!

 

を皆様にお届けします!

 

>>>お問合せはこちらからどうぞ<<<

 

 

しかもうれしいのが明朗会計!これまで板金塗装は、頼んでみないとわからない部分がありました。

これが、皆さんに二の足を踏ませてしまう大きな原因のひとつでした。

ドクターVの「クイックリペア」サービスでは価格が一目瞭然!

 

キズの大きさと、凹みがあるかないか、が基準ですので、

どなたでも安心してご依頼いただけます。

 

 

一例をご覧ください!

 

【Case1】

線キズ消し1リングです!

リング内に収まっていれば何本の線キズがあっても料金は変わりません!

 

 

>>>お問合せはこちらからどうぞ<<<

 

 

 

【Case2】

線キズ消し!

塗装のみ2リングです!

 

 

>>>お問合せはこちらからどうぞ<<<

 

【Case3】

凹み直し&塗装 1リング+塗装 1リングで

計2リングです!

>>>お問合せはこちらからどうぞ<<<

 

パネル(ドア、フェンダなど)全体の色褪せなどもお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

 

いつまでも末永く愛車を大切にして下さっているオーナーの皆様を

ドクターVは応援し続けます!

 

 

お気軽にご連絡下さい!

 

 

>>>お問合せはこちらからどうぞ<<<

 

お電話の場合は

0120-157-356

または

042-701-8120

にお願いいたします!

 


鈑金ブログ 「ボルボ XC70」ボンネット

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

 

 

 

今回は、「ボルボ XC70」ボンネットの塗装を行いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小石の撥ねによる小さな傷が複数ありました。

 

 

 

 

傷の深さも大したことなかったので、

 

 

 

パテなどの鈑金は行わず、

 

 

 

研磨とサフェーサーにより傷を無くして塗装していきました。

 

 

 

 

 

 

 

※自分にピントを合わせて撮影をするという失敗をしてしまいました。(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンネットは、そのまま塗装をしてしまうと、

 

 

 

塗ったそばから、小さな埃やらチリやらがくっついてしまう為、

 

 

 

一度外して、吊るして作業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

吊るした状態の為、研磨や足付けといった作業が

 

 

 

固定されていない分とてもやりにくいです。

 

 

 

しかし、これも綺麗に塗装出来るようにする為ですので、

 

 

 

一生懸命行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埃対策以外のメリットもあります。

 

 

 

パーツを外しているので、マスキングを行う必要がありません。

 

 

 

塗装部位によりますが、マスキングに1時間近くはかかってしまう為

 

 

 

その時間分作業が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなボンネットの完成です!

 

 

 

 

じゃじゃん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、磨き前ですので、多少の汚れ感はありますが、

 

 

 

磨いて取り付ければ完璧です。

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで。

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 鈑金の豆知識「小さな傷やシミを取る方法」ドアの取っ手の引っ掻き傷編

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

 

 

今回は、鈑金のプロが教える豆知識

 

 

 

 

「小さな傷やシミを取る方法」ドアの取っ手の引っ掻き傷編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く愛用している車だからこそ

 

 

 

 

写真のように、ドアの取っ手部分が傷ついてしまうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような、爪での引っ掻き傷は、

 

 

 

簡単に取れてしまうことはご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の爪での引っ掻き傷程度ですと、

 

 

 

塗装まで、深く傷つくことが無い為。

 

 

 

コンパウンドを使って研磨すれば、簡単に落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、鍵などで傷つけてしまった傷は、

 

 

 

塗装部分まで達している可能性がありますので、

 

 

 

むやみにコンパウンドで研磨してしまうと、

 

 

 

 

逆に目立ってしまう可能性がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身で、傷を無くそうとされる際は、

 

 

 

 

 

傷の深さに十分に注意して行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

塗装まで深く傷ついてしまっていた場合は、

 

 

 

Doctor.Vの板金までお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで!

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「ボルボ XC90」フェンダー その②

 
鈑金ブログ

こんばんは、前回「ボルボXC90」の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パテでの整形が完了しましたので、

 

 

 

 

 

パテによって出来てしまった、小さな気泡や僅かな傷を修正するため、

 

 

 

また、ベースカラーの乗りが良くなるように

 

 

 

 

 

サフェーサーを塗り、そして、研磨していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨が完了したら、マスキングをしていき、塗装します。

 

 

 

 

 

 

 

ボディとモールの色が違う為、

 

 

 

①モールを塗装、クリアを塗装し、乾燥させる

 

 

 

②モールにマスキングをし直して、

 

 ボディを塗装。クリアを塗装し乾燥させる。

 

 

 

と、一工夫が必要だったため、いつもより時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

最後に、肌調整と磨きを行えば完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像を取り忘れてしまったため、代わりに同時進行でしていました。

 

反対側のフェンダーを載せます。(>_<)゜。

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に仕上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで!

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ XC90」リアドア その①

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

 

 

今回は、「ボルボ XC90」リアドアの鈑金修理+塗装を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

修理部位はこちら

 

 

 

 

凹みと擦り傷の修理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、傷の深さとパテの足付けの為に、研磨していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

モール部分は、問題なかったのですが、

 

 

 

 

開閉口付近の傷が、はじめは、この程度だと思っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、パテを盛り、研磨をするとびっくり、他の部分も

 

 

 

凹んでしまっていることに気が付きました…

 

 

 

 

整形が完了するころには、ここまで手入れをしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

気が付けば、もう夜に…

 

 

 

 

傷や凹みの見た目だけでは分かりにくい、恐ろしさを改めて痛感しました。

 

 

 

 

今回はここまで!

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 豆知識「ワックスの種類と違いについて」

 
鈑金ブログ

こんばんは。下條です。

 

 

 

 

 

今回は、板金塗装のプロが教える「ワックスの種類と違いについて」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーショップへ買い物に出かけると、様々な種類があり

 

 

 

 

選ぶのも大変ではないでしょうか?

 

 

 

 

それぞれのワックスの特性を理解し、

 

 

 

 

正しい使い方と選び方を出来るようになって頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①「固形タイプ」

 基本的に固型ワックスは研磨剤(コンパウンド)を含んでおらず、

 

塗装面の保護を目的に作られているワックスです。

 

 

 研磨剤(コンパウンド)が入っていない分、

 

汚れをきちんと落としてから施工しないといけない為、

 

手間はかかるワックスです。

 

 

 

 

 

 

②「半練タイプ」

 基本的に半練ワックスは研磨剤(コンパウンド)が含まれており、

 

水垢の除去も同時に行うことができるものが多いワックスです。

 

 

 ワックスと同時に汚れを落とすことが可能ですので、施工性が良く使う人が多いです。

 

 

 

 

 

 

③「液体タイプ」

 液体ワックスは施工性が良く性能も優れているものが多く、

 

ワックスの中では今大人気の商品ですね。

 

 

 液体ワックスでも研磨剤(コンパウンド)が

 

入っているものと入っていないものがありますので、

 

きちんと読んでからお買い求めください。

 

 

 

 

 

 

④「拭くだけの布タイプ」

 袋にワックスが含まれている布が入っているウェットティシュ的なものです。

 

こちらは拭くだけなので施工性はダントツでいいでしょう。

 

しかし、性能もそれなりです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に色によっても、淡色用・濃色用・メタリック用と

 

ワックスの使用用途は、分かれていきます。が、

 

 

 

 

詳しくは、また今度!!

 

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「ボルボ V70 ブラック」 左バンパー

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

 

今回は、「ボルボ V70」の左バンパーと左フェンダーの塗装を行いました。

 

 

 

 

 

修理部位は、こちら

 

 

 

 

 

 

擦り傷が、クリアより深く傷ついてしまっていましたが、

 

 

 

 

凹みは無かったため、塗装のみの対応を致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業自体は、そこまで大変ではなかったのですが、

 

 

 

 

ベースカラーを合わせる作業にずいぶんと苦労してしまいました。

 

 

 

 

色なんて、その車の純正色を作ればいいじゃない?

 

 

 

 

と、思われるかもしれませんが、長年愛用されているお車は、

 

 

 

 

日の光などで、劣化して変色しています。

 

 

 

 

 

 

 

そして、塗装した色が、少しでもボディの色と違ってしまうと、

 

 

 

 

明らかに塗った。修理した感が出てしまう為、

 

 

 

 

調色し、薄く透明なプラスチックの板に塗り、

 

 

 

 

ボディの色と見比べていきます。

 

 

 

 

 

上の写真のように確認をしていきます。

 

 

 

 

 

配合量がたった0.1gでも違うだけで、全く色が変わってしまうため、

 

 

 

 

ベテランの鈑金屋さんでも大変な作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何度もやり直し、出来た結果がこちら!

 

 

 

 

 

 

色が無事に決まり、嬉しさのあまり、最初に移した塗装箇所を取り損ねて、

 

 

塗ったフェンダーと塗っていないドアとの見比べ写真になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ご安心ください。

 

 

画像はありませんが、塗装箇所は、綺麗に塗れました!

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで、

 

 

ではまた~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 鈑金の豆知識「傷の防止」雪対策編

 
未分類, 鈑金ブログ

鈑金のプロが車の傷を防止方法について、教えます。

 

 

 

 

 

今回は、「雪」対策です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、積もることはなかったのですが、

 

 

 

 

Doctor.Vのある神奈川県相模原市でも少しだけ雪が降りました。

 

 

 

 

雪が車に積もった時、むやみに払ってしまうと、

 

 

 

 

積もった雪や氷が、車体を傷つけてしまいます。

 

 

 

 

そんな時、どのように対策を行えばいいのか、教えます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように雪が積もってしまったら、

 

 

 

 

 

まずは、エンジンをかけだけでなく、暖房を効かせて車内を温めましょう。

 

 

 

 

 

車内を温めることで、車体に積もっている雪が、少しずつ溶けていきます。

 

 

 

 

溶けることで、雪と車体の間に溶けた雪が膜の代わりとなり、

 

 

 

 

保護するだけでなく、落としやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は、雪を除けていけば大丈夫です。

 

 

 

また、手の届かない。ボンネットや、ルーフなどは、

 

 

 

デッキブラシのようなもので、ブラシが車体に当たらないように

 

 

 

押しどければ、綺麗に雪が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。雪の防止策でした。

 

 

 

 

 

 

 

Doctor.Vの鈑金は、輸入車専門で鈑金修理・塗装を行っております。

 

 

 

お車が傷ついてしまった時は、是非、お任せください。

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ