AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ 専門店 ドクターV(Doctor.V)

鈑金ブログ

鈑金ブログ 「ボルボ XC70」ボンネット

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

 

 

 

今回は、「ボルボ XC70」ボンネットの塗装を行いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小石の撥ねによる小さな傷が複数ありました。

 

 

 

 

傷の深さも大したことなかったので、

 

 

 

パテなどの鈑金は行わず、

 

 

 

研磨とサフェーサーにより傷を無くして塗装していきました。

 

 

 

 

 

 

 

※自分にピントを合わせて撮影をするという失敗をしてしまいました。(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンネットは、そのまま塗装をしてしまうと、

 

 

 

塗ったそばから、小さな埃やらチリやらがくっついてしまう為、

 

 

 

一度外して、吊るして作業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

吊るした状態の為、研磨や足付けといった作業が

 

 

 

固定されていない分とてもやりにくいです。

 

 

 

しかし、これも綺麗に塗装出来るようにする為ですので、

 

 

 

一生懸命行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埃対策以外のメリットもあります。

 

 

 

パーツを外しているので、マスキングを行う必要がありません。

 

 

 

塗装部位によりますが、マスキングに1時間近くはかかってしまう為

 

 

 

その時間分作業が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなボンネットの完成です!

 

 

 

 

じゃじゃん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、磨き前ですので、多少の汚れ感はありますが、

 

 

 

磨いて取り付ければ完璧です。

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで。

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 鈑金の豆知識「小さな傷やシミを取る方法」ドアの取っ手の引っ掻き傷編

 
鈑金ブログ

こんばんは。

 

 

 

 

今回は、鈑金のプロが教える豆知識

 

 

 

 

「小さな傷やシミを取る方法」ドアの取っ手の引っ掻き傷編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く愛用している車だからこそ

 

 

 

 

写真のように、ドアの取っ手部分が傷ついてしまうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような、爪での引っ掻き傷は、

 

 

 

簡単に取れてしまうことはご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の爪での引っ掻き傷程度ですと、

 

 

 

塗装まで、深く傷つくことが無い為。

 

 

 

コンパウンドを使って研磨すれば、簡単に落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、鍵などで傷つけてしまった傷は、

 

 

 

塗装部分まで達している可能性がありますので、

 

 

 

むやみにコンパウンドで研磨してしまうと、

 

 

 

 

逆に目立ってしまう可能性がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身で、傷を無くそうとされる際は、

 

 

 

 

 

傷の深さに十分に注意して行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

塗装まで深く傷ついてしまっていた場合は、

 

 

 

Doctor.Vの板金までお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで!

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ「ボルボ XC90」フェンダー その②

 
鈑金ブログ

こんばんは、前回「ボルボXC90」の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パテでの整形が完了しましたので、

 

 

 

 

 

パテによって出来てしまった、小さな気泡や僅かな傷を修正するため、

 

 

 

また、ベースカラーの乗りが良くなるように

 

 

 

 

 

サフェーサーを塗り、そして、研磨していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨が完了したら、マスキングをしていき、塗装します。

 

 

 

 

 

 

 

ボディとモールの色が違う為、

 

 

 

①モールを塗装、クリアを塗装し、乾燥させる

 

 

 

②モールにマスキングをし直して、

 

 ボディを塗装。クリアを塗装し乾燥させる。

 

 

 

と、一工夫が必要だったため、いつもより時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

最後に、肌調整と磨きを行えば完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像を取り忘れてしまったため、代わりに同時進行でしていました。

 

反対側のフェンダーを載せます。(>_<)゜。

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に仕上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで!

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ XC90」リアドア その①

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

 

 

今回は、「ボルボ XC90」リアドアの鈑金修理+塗装を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

修理部位はこちら

 

 

 

 

凹みと擦り傷の修理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、傷の深さとパテの足付けの為に、研磨していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

モール部分は、問題なかったのですが、

 

 

 

 

開閉口付近の傷が、はじめは、この程度だと思っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、パテを盛り、研磨をするとびっくり、他の部分も

 

 

 

凹んでしまっていることに気が付きました…

 

 

 

 

整形が完了するころには、ここまで手入れをしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

気が付けば、もう夜に…

 

 

 

 

傷や凹みの見た目だけでは分かりにくい、恐ろしさを改めて痛感しました。

 

 

 

 

今回はここまで!

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 豆知識「ワックスの種類と違いについて」

 
鈑金ブログ

こんばんは。下條です。

 

 

 

 

 

今回は、板金塗装のプロが教える「ワックスの種類と違いについて」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーショップへ買い物に出かけると、様々な種類があり

 

 

 

 

選ぶのも大変ではないでしょうか?

 

 

 

 

それぞれのワックスの特性を理解し、

 

 

 

 

正しい使い方と選び方を出来るようになって頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①「固形タイプ」

 基本的に固型ワックスは研磨剤(コンパウンド)を含んでおらず、

 

塗装面の保護を目的に作られているワックスです。

 

 

 研磨剤(コンパウンド)が入っていない分、

 

汚れをきちんと落としてから施工しないといけない為、

 

手間はかかるワックスです。

 

 

 

 

 

 

②「半練タイプ」

 基本的に半練ワックスは研磨剤(コンパウンド)が含まれており、

 

水垢の除去も同時に行うことができるものが多いワックスです。

 

 

 ワックスと同時に汚れを落とすことが可能ですので、施工性が良く使う人が多いです。

 

 

 

 

 

 

③「液体タイプ」

 液体ワックスは施工性が良く性能も優れているものが多く、

 

ワックスの中では今大人気の商品ですね。

 

 

 液体ワックスでも研磨剤(コンパウンド)が

 

入っているものと入っていないものがありますので、

 

きちんと読んでからお買い求めください。

 

 

 

 

 

 

④「拭くだけの布タイプ」

 袋にワックスが含まれている布が入っているウェットティシュ的なものです。

 

こちらは拭くだけなので施工性はダントツでいいでしょう。

 

しかし、性能もそれなりです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に色によっても、淡色用・濃色用・メタリック用と

 

ワックスの使用用途は、分かれていきます。が、

 

 

 

 

詳しくは、また今度!!

 

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「ボルボ V70 ブラック」 左バンパー

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

 

今回は、「ボルボ V70」の左バンパーと左フェンダーの塗装を行いました。

 

 

 

 

 

修理部位は、こちら

 

 

 

 

 

 

擦り傷が、クリアより深く傷ついてしまっていましたが、

 

 

 

 

凹みは無かったため、塗装のみの対応を致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業自体は、そこまで大変ではなかったのですが、

 

 

 

 

ベースカラーを合わせる作業にずいぶんと苦労してしまいました。

 

 

 

 

色なんて、その車の純正色を作ればいいじゃない?

 

 

 

 

と、思われるかもしれませんが、長年愛用されているお車は、

 

 

 

 

日の光などで、劣化して変色しています。

 

 

 

 

 

 

 

そして、塗装した色が、少しでもボディの色と違ってしまうと、

 

 

 

 

明らかに塗った。修理した感が出てしまう為、

 

 

 

 

調色し、薄く透明なプラスチックの板に塗り、

 

 

 

 

ボディの色と見比べていきます。

 

 

 

 

 

上の写真のように確認をしていきます。

 

 

 

 

 

配合量がたった0.1gでも違うだけで、全く色が変わってしまうため、

 

 

 

 

ベテランの鈑金屋さんでも大変な作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何度もやり直し、出来た結果がこちら!

 

 

 

 

 

 

色が無事に決まり、嬉しさのあまり、最初に移した塗装箇所を取り損ねて、

 

 

塗ったフェンダーと塗っていないドアとの見比べ写真になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ご安心ください。

 

 

画像はありませんが、塗装箇所は、綺麗に塗れました!

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで、

 

 

ではまた~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 鈑金の豆知識「傷の防止」雪対策編

 
未分類, 鈑金ブログ

鈑金のプロが車の傷を防止方法について、教えます。

 

 

 

 

 

今回は、「雪」対策です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、積もることはなかったのですが、

 

 

 

 

Doctor.Vのある神奈川県相模原市でも少しだけ雪が降りました。

 

 

 

 

雪が車に積もった時、むやみに払ってしまうと、

 

 

 

 

積もった雪や氷が、車体を傷つけてしまいます。

 

 

 

 

そんな時、どのように対策を行えばいいのか、教えます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように雪が積もってしまったら、

 

 

 

 

 

まずは、エンジンをかけだけでなく、暖房を効かせて車内を温めましょう。

 

 

 

 

 

車内を温めることで、車体に積もっている雪が、少しずつ溶けていきます。

 

 

 

 

溶けることで、雪と車体の間に溶けた雪が膜の代わりとなり、

 

 

 

 

保護するだけでなく、落としやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は、雪を除けていけば大丈夫です。

 

 

 

また、手の届かない。ボンネットや、ルーフなどは、

 

 

 

デッキブラシのようなもので、ブラシが車体に当たらないように

 

 

 

押しどければ、綺麗に雪が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。雪の防止策でした。

 

 

 

 

 

 

 

Doctor.Vの鈑金は、輸入車専門で鈑金修理・塗装を行っております。

 

 

 

お車が傷ついてしまった時は、是非、お任せください。

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「ボルボ XC90 オーシャンブルー」 その②

 
鈑金ブログ

前回の続き

 

 

 

「ボルボ XC90 オーシャンブルー」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな凹みも、引出し作業とパテにより無事に埋まりましたので、

 

 

 

 

 

サフェーサーを塗り、下地の微調整と、ベースカラーの乗りを良くしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨して、下地が完成したら、

 

 

 

ベースカラーの塗装

 

 

 

 

クリアの塗装。乾かしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後に磨きをすれば完成です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃじゃーん!(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

とても綺麗に仕上がりました!!

 

 

 

 

 

 

今回はここまで

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ XC90 オーシャンブルー」 その①

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

 

 

今日は、いつも以上に冷え込み午前中は雪が降りました。

 

 

 

 

ガレージ内での作業のため、塗れる心配はありませんが、

 

 

 

研磨時に粉塵が飛び塗装時に影響が出てしまう為、

 

 

 

シャッターを開けっ放しに作業を行っております。とても寒いです(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ボルボ XC90 オーシャンブルーの「鈑金」+「塗装」

 

 

 

の様子をお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

行った部位の一部になります。

 

 

傷について、大きな損傷は見られないのですが、

 

 

写真の反射をよく見ていただければわかるように、

 

 

凹んで歪んでしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

損傷がひどい箇所は、引出し作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

※横一列にぽつぽつと穴が出来ている箇所が、

 引出し作業を行った跡です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引出し作業だけでは、元の形にすることはできませんので、

 

 

 

パテを盛り、研磨により元の形に整形をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

凹みが大きいこともあり、研磨に時間がかかってしまいましたが、

 

 

 

なかなか綺麗にできました!!

 

 

 

 

次回は、完成までをお伝えいたします。

 

 

 

 

 

今回はここまで、

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 鈑金の豆知識「小さな傷やシミを取る方法」猫の傷編

 
鈑金ブログ

今回は、鈑金のプロが教える豆知識です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場に止めていると、車の下に猫が居座り

 

 

 

 

引っ掻き傷などで、ボディが傷ついてしまった経験はございませんか?

 

 

 

 

動物相手だからこそ、仕方ない傷でもあります。

 

 

 

 

そんな傷に対して、簡易的に対応できる方法をお伝えいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、傷取りクリーナーワックスで、磨いていきます。

 

 

 

その時、縦の傷に対して、横に磨くと、傷がうっすらと落ちます。

 

 

 

最後にコンパウンドで磨くことをお勧めします。

 

 

 

それでも、傷が残ってしまう深い傷は、

 

 

 

 

塗装や、鈑金の必要があるため、Doctor.Vの鈑金にお任せください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫が、車の下へもぐってしまう理由としては、

 

 

 

猫は、狭い所や暗い所へ潜む本能が残っているためです。

 

 

 

日ごろから猫が寄り付かなくなるような対策が必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ XC70 ブラック」リアフェンダー②

 
鈑金ブログ

今回は、「ボルボ XC70 ブラック」リアフェンダーの続きです。

 

 

 

 

 

前回は、部位の確認と、研磨

 

 

 

はんだにて、引出し作業が終わりましたので、

 

 

 

パテを盛って研磨し、整形していきます。

 

 

 

黒色のボディは、少しの凹凸でも目立ってしまう為、

 

 

 

とても慎重になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整形が完了したら、サフェーサーを塗り、

 

 

 

ベースカラーを塗装していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアを塗り、磨きを行えばこの通り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反射に少しのゆがみのない綺麗なボディに仕上がりました!!!

 

 

 

 

 

 

Doctor.Vの板金は、

 

 

いつでも、ご質問、お問合せをお待ちしております。

 

 

 

 

 

ではまた~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ XC70 ブラック」リアフェンダー①

 
鈑金ブログ

明けましておめでとうございます。板金の下條です。

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ボルボXC70 ブラックのリアフェンダーを

 

 

鈑金+塗装を行いました。

 

 

 

 

 

 

くっきりとした。凹みが見られます。

 

 

ここまで、凹みが出てしまうと、

 

 

引出しを行う必要が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈑金を行う為に、研磨していったところ、

 

 

以前に、同じ個所をされたのか。

 

 

パテで修理された跡が出てきました。

 

 

パテの上では、引出しが出来ないため、

 

 

更に研磨し、ボディを出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディが出てきたところで、

 

 

一番深い凹み部分にはんだ付けを行い、引出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

引出し作業は、引き出したい箇所だけでなく、

 

 

その周りの部分も引っ張り出されてしまう為、

 

 

ハンマーで微調整するなど、時間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度、引出しが出来たら、

 

 

今一度、研磨し、

 

 

パテにて修正する準備を行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで、

 

 

 

次回完成までをアップします。

 

 

 

 

 

鈑金や塗装に関するお問合せ、ご質問は

 

お問合せ-板金のご相談

こちらにて、お申し込みください。

 

 

 

 

ではまた~(‘ω’)ノ

 

 

 


鈑金ブログ 「ボルボ XC70」リアフェンダー

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

 

 

先日、行いました。

 

 

 

「ボルボ XC70」リアフェンダーの作業様子をお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈑金箇所はココです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディが黒だからこそ、かなり凹んでいるように見えますが、

 

 

 

それほど凹みが無いので、

 

 

 

一度、研磨し、パテで整形をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨し、色がのりやすいようサフェーサーを塗ります。

 

 

 

ここまでで、一日を使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日、ボディに合うよう調色を行い、

 

 

 

塗装していきます。

 

 

 

 

 

調色は、ベテランの方でもその車の色を作るのが難しく、

 

 

多少作成した色と、極わずかに、誤差が出てしまいます。

 

 

 

 

その為、色の変化が分からなくなるよう

 

 

塗装面を広くし「ぼかし」ていきます。

 

 

 

 

今回も、うまく調色ができ、ぼかしも僅かで対応出来ました。(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアーを塗り、磨いたら完成です!

 

 

 

 

 

 

そして、完成写真を取り損ねました!!(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ここまで!

 

 

 

 

 

 

 

ドクターVの鈑金は、

 

 

輸入車専門で対応しております!

 

 

ボルボに限らず、お問合せお待ちしております。

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 

 


鈑金ブログ 豆知識「ガラスコーティングについて」

 
鈑金ブログ

今回は、豆知識「ガラスコーティング」についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、既にコーティングをされている方も、

 

 

 

まだ、していない方も、いらっしゃると思いますが、

 

 

 

 

「ガラスコーティング」とは、どういったものなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ガラスゴーティングとは、

 

 

「塗装の表面をガラス質の被膜で覆ってしまう事によって、

 

 

自動車の塗装を酸化やキズから守り、艶を持続させる」

 

 

ための施工です。

 

 

 

クリア塗装の上に更にガラスコーティングをする事によって

 

 

「艶を強く」し、「酸化やキズから塗装を守る」事ができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に伝えると…

 

 

 

日々のワックスをしなくても艶が出続けます!!

 

 

 

さらに、傷や雨などに強い為、輝きが長持ちします!

 

 

 

WOW!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、良い事だけでは、ありません。

 

 

 

 

プロに依頼すると、1台当たり4万~10万かかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、高いと感じてしまいますが、

 

 

 

それでも、数年間乗り続ける車の

 

 

 

ワックスの料金やかけるための時間が無くなると思うと

 

 

 

時間もお金も節約することが出来て、とてもお得です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、ガラスコーティングをご検討してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターVの板金も、ガラスコーティング対応しております!

 

 

 

 

気になる方は、是非お問合せ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「ボルボ 940シルバー」リアクウォーターパネル

 
未分類, 鈑金ブログ

今回は、「ボルボ 940シルバー」のリアクウォーターパネル

 

 

 

鈑金を行いました。

 

 

 

 

 

 

損傷個所はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷の損傷具合から、凹みが激しいので、

 

 

 

 

はんだ付けで、引出し作業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度、引き出したら、

 

 

 

 

パテとサフェーサーで整形を行い。

 

 

 

 

塗料を塗ります。

 

 

 

※写真を撮り忘れてしまいました(;’∀’)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に塗り終わりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスキングを外して完成です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に仕上がりました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

愛車が傷つき、鈑金を頼もうかお悩みの方!

 

 

是非、ドクターVの板金まで、お問い合わせください。

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「鈑金の豆知識 小さな傷ほど、要注意!」

 
鈑金ブログ

こんばんは。下條です。

 

 

 

今回は、プロが教える。板金の豆知識です。

 

 

 

 

 

 

 

どんな綺麗な車でも、良く見れば、小さな擦り傷などがありませんか?

 

 

 

走行中に、小石や虫がぶつかることで、知らないうちにできてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

 

大半の方は、小さな傷だからと、放置しがちですが、

 

 

 

実は、車にとっては大きなダメージになりうることをご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車の塗装は、このような層になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番上の層「クリアー」が傷つく分では、何も問題ありません。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、この「クリアー」は、時間とともに薄くなってしまいます。

 

 

 

その為、小石や虫などでも簡単に剥がれてしまいます。

 

 

 

その結果。雨などが侵食し、時間が経つごとに傷は広がり、

 

 

 

ボディが錆びていってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、小さな傷が出来度に、鈑金屋に依頼し、塗装しなくてはいけないのか?

 

 

 

 

いいえ。その必要は、ありません。

 

 

 

傷が、「クリアー」よりも深くなっているか見分ければいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

その為、普段の洗車を行った際、注意深く、傷を確認してください。

 

 

 

また、より確実に調べる方法として、コンパウンドを使用し、

 

 

 

傷が簡単に消えるようであれば、「クリア」より深く傷ついている可能性は低いです。

 

 

 

もし、拭き取った、布やスポンジに、

 

 

 

ベースカラーと同じ色がついているようでしたら、

 

 

 

確実に、ベースカラーまでの深い傷となっていますので、

 

 

 

一度、塗装しなおした方が、車が長持ちします。

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りの愛車であればあるほど、

 

 

 

小さな傷を確認していただき、長く乗って頂ければと思います。

 

 

 

もし、傷があった際は、是非、Doctor.Vの板金にお任せください。

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 「ボルボ V70R チタニウム」バンパー・フェンダー

 
鈑金ブログ

こんばんは。下條です。

 

 

 

久しぶりの投稿になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、少し前の作業になります。

 

 

 

V70R チタニウム のバンパーとフェンダー

 

 

どちらも擦り傷となってしまっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チタニウムの様な黒に近い色は、

 

 

 

なかなか調色が合わず、時間がかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調色も無事に完了し、

 

 

 

しっかりとマスキングを行い塗りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアを塗り、肌調整や磨きを終えたら、

 

 

気が付けば夜になってしまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に完了!

 

 

 

綺麗に輝く仕上がりを見ると、今日も良くできたと嬉しくなります。

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


鈑金ブログ 豆知識「困った鳥の糞について」

 
鈑金ブログ

こんばんは。下條です。

 

 

 

今回は、鈑金のプロが教える豆知識です。

 

 

 

 

 

 

皆様は、愛車に鳥の糞を付けられたことはありますでしょうか?

 

 

 

私は、駐車場のすぐ近くに木があり、

 

 

 

しょっちゅう付けられてしまっていました。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥の糞は、ただ汚されるだけでなく、しっかりと除去しないと、

 

 

 

 

塗装にもダメージを受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

↑こんな感じに、なってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかが糞が、なぜ塗装に影響してしまうのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、鳥が、木の実を丸ごと食べれるように

 

 

 

強い酸性を持っており、糞も同様に強い酸性があるためです。

 

 

 

 

 

 

そのため、糞を付けられた際は、なるべく早くふき取り、

 

 

 

洗車を行うことが望ましいです。

 

 

 

 

 

 

 

すぐに洗浄できない場合は、糞を拭き取った後

 

 

 

 

ワックスシートや、洗浄シートなどで、拭き取るとダメージが軽減されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、凹凸が付いてしまった場合、

 

 

 

コンパウンドで優しく磨くことで、ある程度は綺麗になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、それでも綺麗にならない場合は、

 

 

 

車のベースカラーまで、浸透している可能性がありますので、

 

 

 

鈑金屋さんまで、お問い合せ下さい。

 

 

 

そして、是非とも、ドクターVの鈑金までお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

 

担当の佐山(さやま)、下條(しもじょう)が丁寧に対応させていただきます。

 

 

 

 

最後は、宣伝になってしまいました。(+o+)

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「ボルボ XC90」複数個所の鈑金 その③

 
鈑金ブログ

こんばんわ。下條です。

 

 

 

 

 

今日は、日差しのお陰で温かかく外での作業が少し楽でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、「XC90 ブルー」の続きです。

 

 

 

 

 

サフェーサーの研磨まで終わりましたので、

 

 

 

次は、いよいよ塗料を塗っていきます。

 

 

 

さくっと、色を塗っていきたいところですが、

 

 

 

ここで、また時間のかかる作業が待っています…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マスキング」です!

 

 

 

 

 

 

マスキングを行わないと、余計な箇所にも色が付いてしまします。

 

 

 

 

今回は、鈑金箇所が多い為、

 

 

 

マスキングだけで3時間ほどかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃじゃーん

 

 

隙間が出来ないようにマスキングが出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、やっと、塗装の下準備完了です。

 

 

 

 

 

今回、調色も素早く終わり、

 

 

 

スプレーガンで鈑金箇所をムラなく塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアを塗装し、乾いたら磨きをしていきます。

 

 

 

上の画像が、クリアを塗って、乾かしているところ、

 

 

 

下の画像が、磨きをした後の画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磨きを行うことで、ぼんやりとしていた輝きが、

 

 

 

とてもきれいなものになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ここまで!

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ

 


鈑金ブログ 「ボルボ XC90」複数個所の鈑金 その②

 
鈑金ブログ

こんばんは、下條です。

 

 

 

前回の続きです。

 

 

 

「ボルボ XC90」のパテ整形まで終わりましたので、

 

 

 

続いて、サフェーサー塗りをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サフェーサーを行う前に、

 

 

塗る範囲を決めて、マスキングを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、サフェーサーを塗ることで、

 

 

①塗料のノリが良くなる。

 

 

②より凹凸の無い綺麗な下地が出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サフェーサーは、ベースカラーに合わせて、濃さを変えます。

 

 

バンパーは、シルバーなので、明るめのグレー

 

 

ボディーは、ブルーなので、暗めのグレー

 

 

これも、綺麗なボディーを仕上げるための大切な作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が、ぼんやり赤いのは、

 

 

乾燥させるために、ヒーターを使っているからです。

 

 

寒いので、いつもより長めに使い乾かしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3種類のペーパーで、サフェーサー分の厚みや、凹凸を無くしていきます。

 

 

ココで手を抜いてしまうと、完成にとても影響が出るため、

 

 

時間をかけて丁寧に仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

順調に、仕上がりました!(*’▽’)

 

 

 

 

 

 

すっかりあたりは暗くなってしまいました…

 

 

夜になってしまうと、

 

 

調色や、色の塗り具合などの確認にかなり支障が手出来てしまう為、

 

 

作業は、ここまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬は、寒いわ、塗料は乾かないわ、夜になるのは早くなるわで

 

 

なかなか大変です。

 

 

 

 

 

 

では、また~(‘ω’)ノ