AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ 専門店 ドクターV(Doctor.V)

【新着入庫速報!】左ハンドルをお探しの方へ!ボルボ(VOLVO) XC70 Ⅱ 2.5T ブラックサファイア


中古車情報XC70, 新着!厳選中古車

皆さんこんにちは!

 

左ハンドルが入庫しましたので取り急ぎお知らせです!

 

ボルボでは珍しい左ハンドル。

 

しかもこれからの季節にピッタリなボルボ(VOLVO) XC70 Ⅱです!

 

ボルボ(VOLVO) XC70 左 ハンドル ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC70 左 ハンドル ドクターV

 

ウッドステアリングが特別に装備されたノルディックエディションです。

 

左ハンドルのボルボ(VOLVO)XC70が入庫!しかも豪華装備盛りだくさんのノルディックエディション。ブラックサファイアのボディカラーにブラックレザー、ウッドステアリングが特徴的な逸品です。当店ユーザー様直接買取車輌。お早めにどうぞ!

 

クルーズコントロールやウッドパネル、パワーシート、電動ガラスサンルーフなど、人気装備充実の特別限定車です!

 

しかも左ハンドルときたら珍しいことこの上なし!(-▽-)/

 

お早めにご覧ください!

詳細は以下URLからどうぞ!

http://usedcar.doctorv.jp/ui014

 

 

 


【新着入庫車】ボルボ(VOLVO) XC90 2.5T ホワイトベージュレザー & ブラックサファイア


中古車情報XC90, 新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

今日は、新型モデルが発売されてからも人気の衰えないボルボ(VOLVO) XC90 をご紹介します!

 

ボディはブラックサファイア、内装はホワイトベージュレザーと、不動の人気を誇る組み合わせ!

走行は約9.5万kmと程良い距離です!

 

 

 

ボルボ(VOLVO) XC90 ブラック ベージュ 革 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC90 ブラック ベージュ 革 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC90 ブラック ベージュ 革 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC90 ブラック ベージュ 革 ドクターV

 

目線が高く、運転しやすいボルボ(VOLVO) XC90!

 

小回りが利いて、運転しやすいボルボ(VOLVO) XC90!

 

競合する他車に比べて遜色のないパワーと運転のしやすさは実際に試乗していただくと良く分かります。

ターボ搭載の2.5リッターエンジンは209馬力。トルクも32.6kmと、十分なパワーを備えた7人乗りのSUV。

 

ボルボ初のSUVは大人7人が乗ってもゆったり過ごせる空間を持つ秀逸な一台。

この形をベースに、今はまた次世代のXC90が誕生しましたが、こちらの初代XC90はまだまだ長く愛されそうな予感。

 

詳細は以下URLからご覧ください!

http://usedcar.doctorv.jp/ui012

 

 

 


ボルボ240ワゴン ダークグリーンメタリック 最終型 1993年式


新着!厳選中古車

ボルボ240 TACKリミテッドエディションのご紹介です!

 

ご存知の方も多いかと思いますがこちらのTACKは240の生産中止以降に発売された限定モデル!

スウェーデン語の「ありがとう」という意味で、ボルボから240のベーシックなよいところを凝縮させ発売となった

とっても特別なモデルとなります。

もちろん、最終型となりますので今でも人気モデルになってます。

こちらはTACKリミテッドエディション ダークグリーンメタリックです。

 

 

ボルボ240のダークグリーンメタリックは色合いとっても深く、鮮やかな光沢をもっています。

その表面をブラックモールがスッと自然な形で流れるようにあり、一体化がスマートな感じで生まれ、

ドアノブ、窓枠のブラックとあわせ、横一面でそのかっこよさがにじみ出ています。

 

 

ボルボ240はこのブラックアウトとメッキ仕様とあるのですが

特にこのダークグリーンメタリックはこちらのブラックアウトでダーク系の色をスマートに楽しむ方が

かっこいいような気がしますよね。

 

シートはなかなかのさわやかさで人気のホワイトandグレーモケットシートとなってます。

 

 

 

外装色とキツすぎないモノトーン調っぽくなって、やはりスタイリッシュでおしゃれじゃないですか!

 

 

 

最終型とはいえ、そこはボルボ240!しっかりとアンティークな内装にも今の車にはない雰囲気がありますよね。

 

 

 

是非一度じっくりとご覧になってみてください。


スタイリッシュでクールな240ワゴン ダークグレー


中古車情報240, 新着!厳選中古車

こんばんは!!

 

涼しくなりましたね~

 

体調崩しそうです!笑

 

今日はダークグレーの1998年モデル 240ワゴンのご紹介です。

 

ダークグレーなかなか渋いです!

 

このカラーだと男らしい感じだったのでよりかっこいい感じに仕上げるためにウィンカーレンズをクリアーに変えてみました!

 

どうですか?よくないですか?

 

これだけでよりスタイリッシュに仕上がったと思います! 

 

そして各所に使われているメッキパーツがまたオールド感と高級感が出ていていいですね!

 

やっぱりメッキ仕様はおしゃれな雰囲気が出ます!

 

 

そしてリアバンパーにはアルミガードがついていて全オーナーは自転車でも積んでたんでしょうか!?

 

これは傷がつかなく足掛けとしても使えるのでキャンプとか行く時にキャリアに積むのにとても便利!!

 

内装はグレーと黒を基調とした全体にシックな印象!

 

シートはグレーのモケットシートでパネルがウッド調になっています!

 

サイドポケットやセンターコンソールも綺麗な状態を保っていて全体的に状態はいいですね~

 

 

 

        

 

シートもモケットなのでキャンプなどにガシガシ使えそうですね!

 

これから240買ってキャンプ・アウトドアーなど楽しもうとしている方にはおすすめです!

 

是非、一度お店に足をはこんで見に来てくださいね!!

 

 

この『ボルボ240』の詳細はこちらをクリックしてご覧になって下さい!

 

VOLVO 240についてはこちらのページで詳しく紹介しています。

車種別紹介 ボルボ240

 

 

 

 

ボルボ専門店Doctor.V(ドクターV)

 

 

Doctor.V(ドクターブイ)は神奈川県にある日本最大級のボルボ中古車専門店です。
中古車200台が常時試乗でき、年間整備件数2,000件を誇るお店です。

ボルボの中古車販売、買取、車検、修理、カスタマイズはお任せ下さい!
整備工場には6基のリフトを備えており、国内のボルボ整備工場では日本最大級の規模を誇ります。

 
さらに、2017年にボルボオーナーの憩いの場としてご活用いただけるVOLVO PARTS&CAFEをオープンいたしました。
そちらではカスタムパーツの販売、中古パーツの買取・販売も行っております。
お近くにお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄りください♪

 
■■ ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV) ■■

〒252-0302 神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3
TEL:042-701-8121 FAX:042-701-8123
フリーダイヤル : 0120-157-356
メール : info@jpweb.jp
◆営業時間:10:00~20:00(金曜は12:00~20:00)
◆定休日:水曜日

 

(納車整備について) http://doctorv.jp/maintenance
(ドクターVとは?) http://doctorv.jp/about
(ボルボ在庫車一覧) http://usedcar.doctorv.jp/car-list/all


1990年式 ボルボ240ワゴン スモークグレー


新着!厳選中古車

サッパリ系の渋め!ボルボ240ワゴン スモークグレー 入庫!

 

ボルボ240のグレーには濃い目のダークグレーの劇渋もあるのですが

 

 

サッパリ系の薄めのスモークグレーですと渋すぎずにカッコよさと明るい感じが融合、なかなかいい感じになってます。

 

 

しかも内装はあのブラックレザー!!

 

 

 

 

内装外装の一体感が非常にいい!!

 

 

 

シートもなかなかの良好な状態

 

 

 

 

これをベースに自分好みに仕上げていくのもありじゃないですかね

 

 

 

 

 

試乗してみましたが機関系も好調です!

 

 

 

楽しんでロングドライブやお買い物などとっても扱いやすい一台です。勿論、アンティーク感もあってセンスの良さがにじみ出ています。

 

 

 

是非一度ごらんになってみてください!!


【人気車種紹介】ボルボ(VOLVO) XC40 といえば・・・


新着!厳選中古車

こんにちは!

 

先日ご紹介した ボルボ(VOLVO) XC40 。

 

XCといえば、XC70もありますよね!

クロスカントリーと呼ばれていた時期もありました。。。

 

で、忘れてはいけない車が今もありました!

 

 

ボルボ(VOLVO) V40 クロスカントリー

 

 

です!

 

ボルボ(VOLVO) V40 クロスカントリー ドクターV

ボルボ(VOLVO) V40 クロスカントリー ドクターV

 

これからの季節にピッタリな車ですね。

夏は夏で、ぴったりと言ってしまいますが・・・(-_-)

 

8月に販売開始された車ですが、これからこうしたサイズの中古車が出てくると、もっともっとボルボオーナーが増えてくれるのではないかとひそかに期待しています!

 

もちろん、ボルボ(VOLVO)240ワゴンから連綿と連なる車種のオーナー様の数は維持したままで!です。

 

 

『ボルボ(VOLVO) 240ワゴンを100年乗れる車に!』

 

実は今、これを合言葉にスタッフ一同、日々精進しております!

 

新しい車には良いところがたくさんあります!

 

「でも、30年40年経った車にもいいところがあるよね!」

とボルボ(VOLVO)240が言っていただける車になれますように、これからもがんばっていきます(^-^)/

 

 

 



ボルボ Ⅴ70 ホワイト 納車準備


メンテナンスブログ

皆さま、こんにちは!

ドクターVの(譚)タンです。

秋から冬にかけて時期は、全国的に交通事故が増やす傾向がある時期です。特に、「薄暮れ時」の事故について、事故発生リスクが高い時間帯です。なぜというと、急激な明るさの低下、日中と比べるとかなり暗くなりました。夜と呼ぶにはまだ早いため、ヘッドライトを点灯するドライバーも多くなります。なので、ヘッドライトをまだつけてないドライバたちに、周囲の暗さが急に増やす、歩行者などの存在に気付きにくくなってしまうです。

ボルボのドライバーたちも、事故を防ぐ為に、「薄暮れ時」の時間帯で、早めにライト点灯することが大事です。「まだ明るい、まだ早い時間だから、ボルボが丈夫だ、大丈夫だ」などの粗忽することがないように安全を守りましょう!(*^^*)

さて、話しはもとに戻りましょう!今回、、ドクターV で、車検と車検整備を受けたお客様のV 70ホワイトの納車準備、皆さまに紹介します。納車作業者は僕(タン)です。(*^^*)

Ⅴ70の写真一枚を写します。色だと、やはりホワイトの方は、汚れが目立たないですね! 

まずは、洗車です。洗車中の手順一は、タイヤホイルからです。なぜだと、ホイル洗剤の強い腐食性があります。最後に、ホイルを洗うと、洗剤を水で流して、撥ねた洗剤がボディに付けてたら、ボディの色を落ちる可能性が高いです。

Before:

After:

手順二、ボディを洗います。ここは、シャワーを浴びると一緒です。ボディを濡らして、スポンジで”ボディソープ”をつけます。泡たっぷりが最高です。注意点:スポンジでごしごしやることがNG です。スポンジ中に、砂、硬い異物混入する可能性がありますので、こじこじすると、ボディにキズすることになります。

なので、僕が車のボディを洗うとき、いつも自分のボディを想像し、優しく、愛をこめて、洗車を行って降ります。^O^o…….o^O^

今日、曇りの天気で、すごく助かりました。太陽が強い日で、洗車すると、水がどんどん蒸発して水滴の跡がガラスに付けることになります。”ボディソープ”を掛けた瞬間、乾かして、ボディに付けたままで、焼けてしまうことになります。なので、お天道様に感謝します。すごく、助かりました。

ここで、僕の手は、写真撮る時「はい、チーズ」のポーズではありません。ドクターV のV です。∧_∧アーハッハッハ

After:

ピカピカになりました!

洗車のあとは、チェックです。

チェック1、タイヤホイールナットです。V70の場合、トルクレンチは140N.mです。

チェック2、タイヤの空気圧です。

V70は、タイヤ空気圧の数値は、給油口に貼ってあります。

このV 70のタイヤは、195/65R15でした。空気圧は、表示通りで260kPaでした。

チェック3、ロングライフクーラント(冷却水)量です。時間を経て、クーラントを減ることが必ずだと思います。MAX線より、ちょっと、足したほうがいいと思います。

チェック4、エンジンオイルです。交換の忘れとオイル量の不足、入れ過ぎを防ぐためです。

チェック5、ウォーシャーの量です。

簡単の作業ですが、整備士じゃない僕、皆さまに安心する為に、小さいことでも、精一杯に働きます。

以上、譚(タン)でした。

ドクターV のボルボV70中古車状況はこちらをクリック

VOLVOの調子が悪いと感じたら、Doctor.Vホームページ内

「ボルボのトラブル俺に聞け!」をぜひご活用ください。

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 


1991年モデル ボルボ240 人気定番カラー ホワイト


新着!厳選中古車

1991年モデルのきれいな240ホワイトが入荷です!

 

 

 

 

ブラックレザーの高級感がすばらしい!!

 

モケットも人気ですがこの黒革仕様もやっぱり人気アイテムです。

 

 

ボルボ240のシートはよくソファーのようと言われるのですが

 

 

長距離もゆったりとドライブできるのもこのシートが良いのひとつあるでしょうね

 

 

以前、プロのカメラマンさんがまず最初に撮影されていたのがこのシートの厚み!ものすごく厚いのでまず撮りたくなったそうです。

 

こちらのボルボ240の内装はとてもきれいでヘタリも少なく、良い状態となっております。

 

 

質感の高い内装は高級感もしっかりと出ています。

普段使いも抜群、ホワイトだとどんな場所にもマッチしますし、とっても乗りやすいですよ。

 

 

 

 

 

是非この広い室内空間にに荷物いっぱい詰め込んでお出かけしてみてください!


人気急上昇 ダークブルー ボルボ240


中古車情報240, 新着!厳選中古車

久しぶりにダークブルーの1993年最終型の240エステートが買取で入って来ました!

 

この『ボルボ240』の詳細はこちらをクリックしてご覧になって下さい!

 

VOLVO 240についてはこちらのページで詳しく紹介しています。

車種別紹介 ボルボ240

 

 

素敵な奥様がお乗りになられていたボルボ240なので内外装共にキレイにされています。
 

 

外装はドアの淵に黒いテープモールが無いので同色でリフレッシュペイントされていますね!
 

ので塗装に関しては言うこと無しですね!めっちゃキレイです!
 

最終モデルのクラシックエディションは珍しいですね~
 

モール・バンパーなどは日焼けして少し白くなてしまっているのでこれは磨いて
 

ワコーズのハードコートで仕上げます。これをすると見違えますよ!
 

ただこれは値段が少々高めですが効果は絶大です。
  

 

内装ですがブラックインテリアに本皮シートです!この組み合わせは非常に珍しい!
 

 

ドアパネルもパネル周りも劣化がほとんどなくきれいな状態です!
 

シートも運転席のサイドのスレは多少ありますがこれはちょっとリペアーすれば綺麗になります。
 

社外オーディオもついてドライブしてて内装でのストレスがありませんね!
  

これだけ内装が綺麗なダークブルーはなかなか出てきません!お買い得!!
 

エンジンルーもかなりほこりが溜まっていましたが、元が綺麗なのでエンジンクリーナーで掃除してあげたらすぐに綺麗になりました!

 

ポテンシャルとしてはウチの在庫の中で五本の指に入るぐらいの状態のいい物になります。

 

機関は先日までしっかりと動いていたので生きがいいです!笑 
 

試乗もしましたが、問題もなく不安要素がありませんでした!
 

ボルボ240でダークブルーをお探しの方是非!すぐに見に来てください!

 

 

 

この『ボルボ240』の詳細はこちらをクリックしてご覧になって下さい!

 

VOLVO 240についてはこちらのページで詳しく紹介しています。

車種別紹介 ボルボ240

 

 

ボルボ専門店Doctor.V(ドクターV)

 

 

Doctor.V(ドクターブイ)は神奈川県にある日本最大級のボルボ中古車専門店です。
中古車200台が常時試乗でき、年間整備件数2,000件を誇るお店です。

ボルボの中古車販売、買取、車検、修理、カスタマイズはお任せ下さい!
整備工場には6基のリフトを備えており、国内のボルボ整備工場では日本最大級の規模を誇ります。

 
さらに、2017年にボルボオーナーの憩いの場としてご活用いただけるVOLVO PARTS&CAFEをオープンいたしました。
そちらではカスタムパーツの販売、中古パーツの買取・販売も行っ ております。
お近くにお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄りください♪

 
■■ ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV) ■■

〒252-0302 神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3
TEL:042-701-8121 FAX:042-701-8123
フリーダイヤル : 0120-157-356
メール : info@jpweb.jp
◆営業時間:10:00~20:00(金曜は12:00~20:00)
◆定休日:水曜日

 

(納車整備について) http://doctorv.jp/maintenance
(ドクターVとは?) http://doctorv.jp/about
(ボルボ在庫車一覧) http://usedcar.doctorv.jp/car-list/all


V60のお勧めどころ【セーフティパッケージ】


中古車情報V60, 新着!厳選中古車

ご予約お待ちしております!!

V60のお勧めどころ【セーフティパッケージ】

*

*

★全車速追従機能付ACC(アダクティブ・クルーズ・コントロール)
★ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)
★BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
★ドライバー・アラート・コントロール
★レーン・デパーチャー・ウォーニング

*

*

■ACC(アダクティブ・クルーズ・コントロール)
ステアリング横の車とメーターのマークを押すだけでセットできます。
セットすると設定速度で巡航します。
前に車がいるとブレーキをかけ停止までします。
停止すると少しの時間でキャンセルされますがリターンのマークを押すだけで
先程の設定に再設定されます。

*

前に車がいなくなると、それこそフル加速。
設定速度まで、ギアを落として加速していきます。

*

とんでもなく楽々な機能です。
このシステム使用するためにこのパッケージ選んでも損はありません。

*

*

■ヒューマン・セーフティ
ミリ波レーダーとカメラで歩行者を検知するシステムです。
試す機会ありませんがフルオートブレーキの効きっぷりはハンパじゃないらしいです。

*

*

■BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
左右後方から車が近づくとドアミラー下のセンサーが反応して光で知らせてくれます。

*

*

■ドライバー・アラート・コントロール
前に障害物が近づくとフロントガラスに赤い光とアラームが鳴ります。
慣れないとあせるかもしれません。
ぼーっとした瞬間など助けられることもしばしばあります。

*

■レーン・デパーチャー・ウォーニング
走行車線から外れるとアラームが知らせてくれます。
かなり大きな音です。

*

 

*

*

まだまだたくさんの装備を備えたV60オススメです!!

ご予算、ご希望のボディーカラー、装備など

お気軽にご相談下さい。

ご連絡お待ちしております(^O^)/

 

 



【ボルボ(VOLVO) トピックス】ボルボ(VOLVO) XC40 に EVとハイブリッドが!


Doctor.Vニュース, スタッフブログ, 中古車情報XC40

ボルボ(VOLVO)が、新型コンパクトSUV『ボルボ(VOLVO) XC40』にEV(電気自動車)とハイブリッドを設定すると発表しましたね。

 

 

2019年には全てのボルボ(VOLVO)車に電気モーターを搭載して電動化すると今年発表したばかりですが、この戦略の一環とのこと。
2025年までに100万台の電動車両を販売する目標を掲げているボルボ(VOLVO)が、量販が見込まれるSUV市場にXC40を投入。

ボルボ(VOLVO) XC90やボルボ(VOLVO)XC60に続いて、コンパクトサイズSUVのXC40。

日本での評価はどうなるでしょうか。

 

面白くなってきましたね!

 

 

 


【新着入庫車】ボルボ(VOLVO) XC70Ⅱ 2.5T 特別限定 ノルディックエディション


中古車情報XC70, 新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

 

このところ、朝夕は秋を感じるようになりました。そうなるともうすぐウィンタースポーツの季節到来ですね。

楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

 

ボルボ専門店 ドクターVでは、これからの季節にピッタリな車をご用意しています。

 

今回ご紹介するのは、

 

ボルボ(VOLVO) XC70Ⅱ 2.5T 特別限定 ノルディックエディション

 

です!

 

ボルボ(VOLVO) XC70 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC70 ドクターV

 

この、ボルボ(VOLVO) XC70Ⅱ 2.5T 特別限定 ノルディックエディション は、ベースとなるボルボ(VOLVO) XC70Ⅱ 2.5Tに本革シートやチルト&スライド機構付電動ガラスサンルーフ、ハイパフォーマンスオーディオシステムなど、何と約110万円相当のオプションを装備したモデルです!

しかも、ウッドステアリングが装備されていて落ち着いた内装も魅力的です。

 

ボルボ(VOLVO) XC70 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC70 ドクターV

 

ブラックレザーシートで、しかも随所にウッドパネルが施されて大人の雰囲気漂う車内は、209psのターボ付きエンジンが搭載されているとはとても思えません。

 

新車販売は5か月間のみの期間限定!

多くの人気オプションが装備されてベース車輌とほとんど変わらない価格設定でした。

 

私の中では、ボルボ(VOLVO) XC70Ⅱの一番の特徴は3分割可倒式リアシートだと思っています!

今となってはそんなに珍しくないかもしれませんが、当時としては使い勝手をよく考えた秀逸なリアシートです!

 

ボルボ(VOLVO) XC70 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC70 ドクターV

 

中央席だけを倒せば、スキー板などの長尺モノを載せたとしても、両脇にゆったり大人が座って移動できます!

ありがちな6:4分割シートの場合は、同じスペースがあったとしても大人二人がくっついていなければいけません。

 

この差は大きいですね!

 

また、タイヤが滑る状況になった時、インジケーター表示や警告音もなしにトラクションコントロールシステム(DSTC)が作動し、滑る路面でも安心して運転することが出来ます。

 

実施に乗っていただくと、この力強さとしなやかな足回りのフィーリングを直に感じ取っていただけます。

いつでも試乗のご用意をしておりますので、是非一度体感しにお越しください。

 

この、ボルボ(VOLVO) XC70Ⅱ 2.5T 特別限定 ノルディックエディション の詳細情報は以下のリンクからご覧いただけます!

 

http://usedcar.doctorv.jp/ui006

 

ボルボ(VOLVO)の四駆と言えば、ボルボ(VOLVO) XC90 も入庫しております!

こちらの在庫車一覧からご覧ください!

 

 


ボルボ(VOLVO)240 ダークブルーのアンテナ挿入


メンテナンスブログ

皆さま、こんにちは!

ドクターV メンテナンスの譚(タン)です。

今年四月に、入社したとき、先輩からこの黒い自転車(黑くん)を譲ってもらいました。この黑くんと、通勤、買い物したり、サイクリングしたり、相模原周辺のところも回って来ました。僕の仲間になりました。しかし、七月のある日に黑くんの後タイヤがパンクしました。そのときから、黑くんが家に休んでしまいました。(┬_┬)

先週の水曜日、家に休む時に、急に黑くんのパンク修理の考え方を頭から、出て来ました。100円ショップで、パンク修理セットを買って作業スタットしました。

実際は、タイヤもこの状況になりました。山がなく、亀裂も非常に多かった。確かに、このタイヤも四年経て、寿命になると思いました。一応、パンクしたところを修繕して、乗れるようにしました。また、いつかにパンクするかどうか、何も言えないですね!今日も可能性あるかもしれません!ノ´▽`)ノ

そしたら、今日の本題に入りましょう!

ボルボ(VOLVO)240ダークブルーです。僕は、最初この色を見たら、落ち着いた色と感じました。車体の色が20何年経ても、落ちてないです。

240のアンテナは、オートアンテナです。エンジンをかけたらアンテナも自動的に、出しました。高級感たっぷりじゃないですか?朝に、エンジンをスタートして、アンテナもいつも通り、ゆっくりで出している。けど…….今回のアンテナは、止まずに、中のワイヤーも一緒に出してしまった。ー_ーゞ イヤァ、、、

良かったのは、ワイヤが壊れてない、交換必要がないです。´・⊇・`

こんな事件に無経験の僕が、師匠数見さんから手伝ってもらいました。最初の戦略は、ワイヤを挿しいれて、スイッチオフして、そのままでワイヤを巻き入れます。しかし、中のマーターに中々入れなかった。

そうだと、第二戦略が始まります。内張りを外す、モーターを出して、また同じ方法で、ワイヤを入れます。

これです、ネジ一個で止まってるので、難しいではないです。

また同じ方法で、ワイヤがモーターのギアとちゃんと嵌ってから、スイッチオフして、ワイヤをそのまま、巻きいれました。∧_∧

最後に、本日のメンテナンスメンバーの作業写真を写ります。僕殻の盗撮です!∧_∧アーハッハッハ

クリームイエロー色の240を点検しているドクター松久です。クリームイエローは、ドクターV のつなぎ色と似合うですね!

タイヤを交換しているのドクターファンです。ファンは、彼の姓です。ファンベルトのファンの意味ではないです!今度に、機会があれば、”ファン”交換しているファンの写真を皆さまに送ります。^▽^^▽^

ボルボ(VOLVO)V70のフロントバンパーを外しているドクターチンです。

真面目なドクターチンは、横にいる僕を全然気づかなかった………. 

以上、譚(タン)でした。

ドクターVのボルボ240中古車状況はこちらをクリック!

 

VOLVOの調子が悪いと感じたら、Doctor.Vホームページ内

「ボルボのトラブル俺に聞け!」をぜひご活用ください。

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓


誰もが一度はあこがれる!1989年式VOLVO(ボルボ) 240エステート スモールウィンドー仕様!


中古車情報240, 新着!厳選中古車

緊急入庫!

 

 

またまた人気、希少のライトブルーが入荷いたしました!

 

 

 

とにかく、まずは装備を見てみてください!

 

 

1989年モデル/ 正規ディーラー車/ 右ハンドル/ ボディカラー ライトブルー/ 人気のブルーモケットシート/ メッキモール使用/ メッキグリル/ メッキフロントガラスモール/ エアコン装備/ 前後派輪/ メッキモール使用/ メッキグリル/ メッキフロントガラスモール/ エアコン装備/ 前後派輪/ メッキモール使用/ メッキグリル/ メッキフロントガラスモール/ エアコン装備/ 前後派輪

 

 

 

この240ライトブルー、めちゃくちゃたくさんカッコいいアイテム満載じゃないですか!

 

ホイールのメッキホイールリング・センターカバーは今やなかなかお目にかかれないアンティークアイテム!

足元からグッと質感が高まっています。

 

 

さらにこのメッキモールラックがこれまたカッコいい!!

これがついていると先ほどのホイールキャップとのメッキのバランスがよく、全体としてのまとまりが半端ないです!

 

これらのアイテムを後から探すのも本当に大変ですし、なかなか手に入りづらくなってきているのでこれはラッキーです!

 

 

この上、最初に言いましたとおり、スモールウインドーですから

ボルボ240好きにはたまらないですよね!

 

 

内装もとてもきれいなブルーモケット

 

 

 

この良好な状態もなかなかお目にかかれないレベル!

 

いままでとっても愛されていたのがわかります。

 

 

機関系統もついこの前まで乗られていた240ですのでとても調子いいです。

 

ここまでくると「非の打ち所がない」  といったところでしょうか 笑。

 

 

ボルボ240を探されている方であれば必見のお車であることは間違いないです!

 

 

是非お早めにごらんになってください!

 

 

 

 

【VOLVO(ボルボ)240の魅力】

140/160シリーズの後を受け、1974年に240/260」シリーズが発売開始になりました。
ボルボ240は4気筒モデルで2000ccと2200ccがラインナップ。

260は6気筒モデルでプジョー、ルノー3社共同開発によるV6エンジンを搭載。セダン/ワゴンの他にク2ドアモデルも存在。ボディ制作はベルトーネ社で行われました。

 

 

 

 

当初は242、244、246、264といった呼称であったが、1983年より240に統一されました。翌年1984年には2ドアモデルが生産中止。その後改良を加えられながら、1993年の生産終了までなんと20年にも及ぶロングセラーモデルがこのボルボ240です。
このシンプルな4気筒エンジンはアイドリング時、独特で、走り出すと安定してきて音も静かになります。

ボルボ240のエンジンは平均時速120Km程度で一番心地よい運転が出来るように考えられています。

こういう点がアウトバーン仕様と言える点でしょうか!また良い意味でエンジンの調子が手に取るように分かります。
ブレーキは2系統!ABSは入っていませんがブレーキは2系統あります。そのためどちらかが故障したとしても必ず止まるように出来ています。
運転席に座ると前・後・横とすべて車のSideが見えるので、大変運転のしやすい車です。
車内の部品はすべて柔らかい素材のもので出来ています。万が一事故にあった時、部品が車内にいる人間を傷つけないように配慮してあります。

寒い国の車なので寒さに強く、暑さに弱い!エアコンが効かない訳ではありませんが夏場はまあまあ暑いです!
ですが対策はありますよ!冬場は暖房が暑いくらい効きます。

 

 

そしてボルボ240はかなり鋭角に曲がります。
交差点でも左右を確認してからどちらかにハンドルを目一杯きりアクセルを踏むと一発で曲がりきります。切り返しなどする必要はありません。下手したら軽自動車より曲がります!ちなみに最小回転半径は4.9mです

そしてボルボ240のボディーはサビに強い! 
寒い国の車ゆえに凍結防止剤のことを十分考えて作られているので、塗装に関してもボディ・シャーシ全体を塗装のプールに付ける形を取っています。さらに下回りは厳重に凍結防止剤よけが塗装されています。全体が日本車より2~3層多く重ねて塗装されています。 
安全のためにドアの中には鉄骨が横に2本入っています。そのためにドアは大変厚く重いです。横からの衝突にもシッカリと対応しています。

 

1974年にデビューし、今なおボルボの代名詞となっているボルボ240

 

デビュー以来今もなお世界中で愛され、信頼され、乗り続けられています。

また、この一台には乗る人のライフシーンを支える豊かな資質があふれています

 

 


【人気車種ご紹介】ボルボ(VOLVO) XC60 !


中古車情報XC60, 新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

 

今日も引き続き、人気の車種を見ていきましょう!(^^)/

 

 今日は、スタイリッシュなクーペ・スタイルとタフなクロスカントリーのスタイルと性能を併せ持つ、ボルボ初のコンパクト・プレミアム・クロスオーバーと言われ、2009年8月に発売されたこちらのお車です! 

 

ボルボ(VOLVO) XC60 ドクターV

ボルボ(VOLVO) XC60 ドクターV

 

そうです!ボルボ(VOLVO) XC60 をご紹介します。 

 

大きな特徴は、様々なエンジンタイプを持っている点ですね。

まるで、どんな状況でも、どんな場所でも、どんな走り方でも自在にできるようにプレゼントされたようですね!

 

先進の世界最高レベルの安全性はもちろん、乗り心地もプレミアムカーの名に恥じない素晴らしいものです。

一見SUVのようですが、いったん街中に現れると洗練されたデザインが目を引き、SUVのごつさはあまり感じさせません。

 

ですが、街中を飛び出して大自然の中に放り込むと途端にアウトドア色の強い車へと変化します。

かといって大きすぎるでもなく、ちょうどいいサイズだと感じる日本人も多いはず。

背が高いので見通しが効き、しかも小回りもそこそこ良い。

 

何よりもスタイリッシュな外観が人気の高さを予想させてくれました。

今となっては、このボルボ(VOLVO) XC60をはじめとする「60シリーズ」がボルボの代表的な車種だと言ってもいいのではないでしょうか。

ぜひ、ご検討下さい。

お問合せは下記リンクからお気軽にどうぞ。

お問合せ-車探しのご相談

 


ボルボ(VOLVO) 240 メーター 修理


メンテナンスブログ

 

こんにちは!

メンテナンスドクターの松久です。

最近、うちの子供が階段を登るようになり目が離せなくなってきた今日この頃です。

テーブルに頭をぶつけたりと、世の中のお母様の大変さを身をもって感じています。

さて、今日はボルボ(VOLVO)240のメーター修理です。

オドメーターギアが欠けてしまったのではないかとの事で、アドバイザーの井上が交換しましたが直りませんでした(-_-;)

基盤が怪しいと言う事で、点検してまいります。

 

 

もろもろ、点検してみました。

テスターを使いながら各部品の足に電気が通っているかを、一つずつ点検していきます。

結果は、ハンダ割れでした。

どうにか再度ハンダ付けを行いました。

 

 

Mの部分が再度ハンダ付けをした箇所になります。

そこそこ綺麗に盛れて一安心です♪

サクサク組み上げていきます。

 

 

ボルボ(VOLVO)240のメーターといえば、枠に白カビみたいなものがついている車輌がありますよね。

分解の際は、しっかりとお掃除をして黒い枠に仕上げていきます。

組み付け後は、アドバイザーの井上が再度チェックしていきます。

結果はお楽しみに・・・

まだまだ整備はありまして、テールゲート内のハーネスをメンテナンスドクターのファンが交換していました。

 

 

普段はチャラチャラしていますが、メリハリがしっかりしていてとても頼もしいです。

テールゲートでルーフを傷をつける事無く無事に完了していました。

整備後に傷が入ってしまっては、よろしくないので慎重に整備をしていきます。

 

そんなこんなで、ボルボ(VOLVO)V50のオイルパンが割れてしまった車両があるので外して点検していきます。

 

 

アンダーカバーにヒビが入り、エンジンオイルパンが割れていました(^_^;)

内部が心配でしたが内部はというと・・・

 

 

ピンボケしていますが、どうにか無事のようです。

衝撃でオイルストレーナー(エンジンオイルを吸い上げるパイプ)が曲がっていないか等、心配要素がございましたが、どうにかオイルパンのみで大丈夫そうです。(Oリングなどの付属品はもちろん交換します。)

ボルボ(VOLVO)240等ではオイルパンの材料がアルミではなく鉄製なので、多少の衝撃でも割れることはございません。(それでも、内部はわかりませんのでそのままで良いかは微妙。)

しかし、割れてしまってオイル漏れに気づかずエンジンを焼け付かせる心配はありませんので個人的には鉄のオイルパンが好きです。

このままでは、虫がエンジン内部に入る恐れがありますので、しっかりと養生していきます。

今日は、ここまでです。

以上、松久でした!

 

ドクターVのボルボ240中古車状況はこちらをクリック!

 

VOLVOの調子が悪いと感じたら、Doctor.Vホームページ内

「ボルボのトラブル俺に聞け!」をぜひご活用ください。

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 


【人気車種ご紹介】ボルボ(VOLVO) V60 多才なラインナップで誰でも使いやすい車に。


中古車情報V60, 新着!厳選中古車

皆様、こんにちは!

 

昨日に引き続き、現行人気車種のお話を少々。。。

 

本日取り上げるのは、

 

 

ボルボ(VOLVO) V60

 

 

です。

 

ボルボ(VOLVO) V60 ドクターV

ボルボ(VOLVO) V60 ドクターV

 

FFモデルからAWDモデルまで。

 

更にはディーゼルエンジンの車輌まで登場し、どんなお客様のどんな要望にも応えられる幅の広いラインナップは、このボルボ(VOLVO) V60の大きな特徴です。

 

人もゆったり乗れて、荷物もしっかり積めるこのサイズは重宝します。

 

中には純正パッケージオプションにもあるようなロッカーモールを別色に塗装しておしゃれを楽しむ方も。

 

スポーティなのにラグジュアリー。

人にやさしいボルボ、ここに極まれり、ですね♪

 

ボルボ(VOLVO) V60をご希望の方、ドクターVでもご用意できます!

下記リンクより、お気軽にお問合せ下さい!

 

お問合せ-車探しのご相談


【人気車種ご紹介】ボルボ(VOLVO) V40 日本の道路にジャストフィットしたサイズで大ブレーク中です


中古車情報V40, 新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

 

今日は、現行モデルの中でも勢いのあるボルボ(VOLVO)V40について少しお話をしたいと思います。

 

ボルボ(VOLVO) V40 ドクターV

ボルボ(VOLVO) V40 ドクターV

 

2004年まで販売されていた初代V40とは大きく違うスタイルと性能を持って2013年に発売された現行ボルボ(VOLVO) V40は、ボルボのラインナップにおいて一番コンパクトなモデルとして誕生。

 

プレミアム・スポーツコンパクトワゴンというコンセプトのもとで大きな飛躍を遂げた車種です。

 

当時の新車価格はおよそ270万円~と、比較的リーズナブルであるにもかかわらず、乗員だけでなく歩行者と衝突した時に「歩行者」を守るエアバッグなどをはじめ、多くの先進装備を身に付けて、大きな支持を得ました。

その結果、今のボルボの快進撃のけん引役として、現在に至るまでもモデルチェンジを繰り返しながら進化を続けています。

 

 

当店でも、このV40をご購入いただけます!

ご希望事項をお知らせいただければ、ご希望にピッタリの理想的な1台をご紹介いたしますので、下記URLからお気軽にお問合せ下さい!

 

 

お問合せ-車探しのご相談


【現行車種もお任せ下さい!】ボルボ(VOLVO)V40・V60・XC60・XC90など・・・。欲しい車、お探しします!


Doctor.Vニュース, 中古車情報V40, 中古車情報V60, 中古車情報XC60, 中古車情報XC90, 新着!厳選中古車, , ,

皆さん、こんにちは!

このところボルボ(VOLVO)の現行車のお問合せを多くいただきます。

■ボルボ(VOLVO) V40
■ボルボ(VOLVO) V60
■ボルボ(VOLVO) XC60
■ボルボ(VOLVO) XC90

などなど、人気の車種ですね!
ボルボオーナー様が日に日に増えていてうれしい限りです!

ボルボ(VOLVO) V40 V60 XC60 XC90

ボルボ(VOLVO) V40 V60 XC60 XC90

ドクターVではボルボ専門店として、これら現行車種もご紹介しております!
店頭展示の在庫車はどうしても数が限られてしまいますが、ご希望をお知らせいただく事でピッタリのお車をご紹介する方法があります!

バックオーダーシステムと言って、全国の業者間オークションに出品される車輌の中から、お客様にピッタリのお車をご紹介するシステムです。
ピンポイントで仕入れを行うため、余計なコストがかからず、よりお求めやすく「同予算で程度の良いもの」や「程度が同じでもお求めやすい」車輌をご紹介することが出来るんです!

オークション出品時には第三者の検査を経ており、また、一定基準の評価ポイントがあるので私達も自信を持ってお勧めできる方法です。
これまで多くの稀少車種や稀少グレードのお車をご成約いただいてきました!

 

「いろいろ見ているけど、どうもしっくりくる車に出逢えない」

「良いものを安く購入したい」

「他にも良い車があるんじゃないかな?」

 

などとお考えの皆様。

是非一度、当店にお越しください!

車輌の画像や詳細情報をご覧いただきながら、一番理想に近いボルボ(VOLVO)を見つけて下さい!

 

まずはお車探しのご相談からでも結構です。

以下リンクよりお問合せいただけますのでお気軽にご利用ください!

お問合せ-車探しのご相談

バックオーダーシステムをご利用いただく場合でも、オートローンのご利用可能です!

 


ボルボ(VOLVO) V70 点検


メンテナンスブログ

皆さま、こんにちは!
ドクターⅤの譚(タン)です。
今日は、台風第18号が上陸しました。関東地方は17日夕方から18日未明にかけて雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降リ、風も、非常に強くなりそうです。皆さま、お出かけするとき、お気をつけてくださいね!(≧▽≦)

そしたら、ボルボ(VOLVO)V70の点検をはじめます。

女性に人気ある赤色です。男性が乗ると、すごく注目されて、個性的な色だと思います。

今回は、NGのところをメインして、説明を行います。

第一話:スパークプラグです。

スパークプラグは、エンジンが動く為に必要な部品です。エンジン中のガソリン(混合気)に火花を飛ばして、火付けの役割です。スパークプラグがダメだと、「パワー低下、加速が悪い」、「アイドリンク不安定」、「エンジンかからない」など、様々な不具合があります。スパークの交換時期はあるんだけど、天気の状況を変えたり、アクセルを掛けすぎなど、いろんな条件でスパークプラグの寿命を変わります。念のために、一度肉眼で確認しないと、ミスになる可能性が高いです。

このスパークプラグは、点火先端部が燃料が濃いので黒くなって、電極消耗したり、ギャップも広げました。不良なので、交換しなければならないです。

スパークプラグを締まるとき、最初に手締めして、最後にトルクレンチで締め付けます。スパークプラグのネジ径によって、締付トルクの数値も違いますので、これが28N・mでした。逆に、外す時の手順も同じ、ラチェットで緩めて、手回し外します。エンジンは、ほとんどアルミ製なので、注意しないと、雌ネジを潰す可能性高いです。⌒∇⌒

第二話:ドライブシャフトブーツのオイル   (グリス)漏れです。

写真を見たら、インナーブーツのリングで締まるところ、オイル滲んでいます。ドライブシャフトオイル漏れと破れは、様々な原因あります。車の走行中で、車体が上下動いて車高を変えたり、ドライブシャフトに角度が付きます。あと、タイヤ左右の転向するとき、蛇腹状のブーツが伸縮したりするのも、ブーツの寿命に影響します。

オイル(グリス)が出てしまうと、焼付けて、部品を破壊する原因になります。

第三話:スタビライザーリンクロッド(スタビリンク)のブーツ切れです。

スタビリングは、ショックアブソーバーとスタビライザーを連結している棒状の物です。ブーツは、ボールジョイント内のグリスを留めたり、ごみの進入を防ぐものなんで、破れる原因もほぼ一緒です。スタビリングブーツ破れたら、異音が出るパターン多いです。今回、破れたブーツの交換だけでいいと思います。部品代800円ぐらいです。

ブーツだけではなく、他の部品の寿命を伸びる為に、優しく運転しましょう!(*^冂^*)

第四話:エンジンオイル汚れです。

エンジンオイルが、エンジンの”血液”と思っています。エンジンオイルの機能は、金属部品摩耗を減らす(潤滑)、熱を吸収する(冷却)、酸化を防ぐ(防腐)、綺麗に持つ(清潔)という機能があります。ガソリンは、原油から、加熱蒸留したものであります。カーボンも原油の成分の一つなので、不充分燃焼で、カーボンが残ってしまう。それが、黒くなる原因の一つです。エンジンオイルの交換時期は、ボルボ(VOLVO)V70だと、半年もしく5,000kmであると知ってると思いますが、車の使用頻度によって、交換時期も異なります。

第五話:パワーステアリングオイル(パワステフルード)不足

パワーステアリングは、エンジンの動力を利用してポンプを動かすことでオイルを圧縮しながら、油圧パワーでハンドル(ステアリング)を切る力をサポートするものです。パワステオイルは、ステアリングラックを動かすための油圧伝達媒介とパワステポンプの潤滑剤であります。

パワステフルードが不足だと、ハンドルが急に重くなることである。もし、走行中に、ハンドルが急に重くなると、事故を起す可能性高いです。不足の原因は、ホースが切れて漏れるや、摩耗などの原因があります。常に、パワステフルード、ブレーキフルード、エンジンオイルの量などのチェックを行うことが大事です。

パワステオイル交換のタイミングは、異常がなければ、普通の車検整備するときに交換していいと思います。もし、走行中異音、汚れが目立ってきた、操縦の違和感があったときに、交換か修理か早めに、店に行って確認したほうがいいです。

このボルボ(VOLVO)V70は、特に漏れがなくて、補充だけでいいです。

今、譚の脳細胞がどんどんたりなくなりました。脳エネルギーを補充するために、このブログを終わったら、飴を探しに行きます。´ー`´ー`

以上、譚(タン)でした。

ドクターVのボルボV70中古車状況はこちらをクリック!

VOLVOの調子が悪いと感じたら、Doctor.Vホームページ内

「ボルボのトラブル俺に聞け!」をぜひご活用ください。

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓


1 / 212