AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ 専門店 ドクターV(Doctor.V)

鈑金ブログ 「ボルボ850オレンジフレームメタリック」左右リアフェンダーの板金塗装 その①


鈑金ブログ

こんばんは。

 

Doctor.V鈑金の下條です。

 

今日は、冬が戻ってきたように寒い一日でしたね。

 

お陰で、測色の機械が反応してくれない、やら、乾燥に時間がかかってしまうなど、

 

作業に時間が少しかかってしまいました。

 

 

さて、今回は、「ボルボ850」の左右リアフェンダー

の鈑金・塗装を行いました。

 

 

まだ、完成まで出来ておりませんので、

Before&Afterは次回アップいたします。

 

 

 

左リアフェンダーの凹み

右リアフェンダー

 

 

右リアフェンダーは、凹みも無く、塗装だけの対応ですので、

特に問題はなかったのですが、

左リアフェンダーが、プレスラインも凹んでしまっているため

簡単には引出しで戻すことができませんでした。

 

 

全体写真

 

このような形まで引出し作業により戻すことが出来ました。

引出し過ぎてしまうと、パテを漏れなくなってしまう為、

少し凹んだ程度に抑えておきました。

 

 

今回は、ここまで!

 

 

次回、完成させていきます!


【新着入庫】ボルボ V60 ドライブe ブラックサファイア 走行3.1万km!★ナビバックカメラ★クルーズコントロール


新着!厳選中古車

皆さんこんにちは!

 

走行が少ないボルボV60が入庫しました!

 

ボルボ V60 ドライブe ブラックサファイア

 

走行3.1万km

 

です!

 

>>>お問合せはこちら!<<<

 

ほとんど傷なしのきれいなボディです

>>>お問合せはこちら!<<<

 

内装にはブラックレザーを採用

>>>お問合せはこちら!<<<

 

ヘタリもなく、きれいなシートです。

運転席だけではなく助手席にもパワーシートを採用!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

ナビに加えてバックカメラ付きです。

慣れない場所での車庫入れも安心です

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

クルーズコントロールも装備されていて快適なドライブをお楽しみいただけます!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

純正アルミホイール装着。

ノーマルでまとめることで、スマートなお車です

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

いつでも試乗OKです!

お待たせしないためにもご予約をいただけますようにご協力お願いいたします

 

>>>お問合せはこちら!<<<

 

お電話は

0120-157-356

042-701-8121

までどうぞ!

 

お問合せお待ちしております!


ボルボ(VOLVO) V50 車検 修理


メンテナンスブログ

 

 

 

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です(^へ^)!

 

 

今日は天気も冷え込んでいて、雨も降ってました。

 

 

ドクターVには花粉症のスタッフが半分上を占めているので恵みの雨となりました!

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)V50の車検修理です。

 

 

 

 

とても鮮やかなブルーのボディーカラーです。

 

 

その色のネーミングはなんと「カメレオンブルーパール」!

 

 

通常ギラギラしたイメージの強い「マジョーラ、カメレオン」ですが、ボルボの手にかかるととても上品なカラーに仕上がりますね!

 

 

それでは、整備に入ります!

 

 

 

 

ドライブシャフトのインナーブーツがパックリ裂けてしまっていました(-_-;)

 

 

コレでは車検を合格出来ませんので交換します!

 

 

 

 

交換する際は空気を一度抜いてあげる必要があります。

 

 

中で温度が上がりグリスがあふれ出てしまう事が稀にありますがそれは、ブーツバンドの締め付け不良か、組み付け時にブーツ内の空気を抜いてあげなかったかのどちらかが多いです。

 

 

また、ドライブシャフトの形状がV50でも異なりますので、整備をご自身でされるオーナーはお気をつけて下さい。

 

 

ドライブシャフトを交換している場合は、新しいものの形状が異なるのでブーツの形状も異なる事が原因です。

 

 

次は、ブレーキパッドの交換です!

 

 

 

 

いつもと同じになってしまうので、説明は割愛します!

 

 

 

 

ブレーキパッドは、低ダストのブレーキパッドにしました!

 

 

 

 

低ダストタイプはブレーキパッドの持ちが長く、ホイールを汚さないのでオススメです!

 

 

以上、松久でした!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 


ボルボ(VOLVO) 240 納車前整備


メンテナンスブログ

 

 

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!(^へ^)b

 

 

最近はぽかぽか暖かい日が続いていて気持ちよく仕事が出来ております。

 

 

明日は急に冷え込むらしいので、洋服を選ぶ際は気をつけて下さいませ。

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)240の納車前整備です!

 

 

ブレーキ廻りを中心にアップしていきます!

 

 

 

 

ブレーキローターがサビサビです(-_-;)

 

 

キャリパーもサビが進行していたのでオーバーホール(分解)を行ないます!

 

 

 

 

この年式のタイプはオーバーホール(分解)が出来るので嬉しいですね!

 

 

ボルボ(VOLVO)V50など高年式になると一式での供給しかないようで、キャリパーAssy交換になります。

 

 

非常に高額になりますので、ブレーキパッド交換の際はブーツを傷つけないように気をつけましょう!

 

 

キャリパーのピストンを外すとこんな感じ・・・

 

 

 

 

荒れております(-_-;)

 

 

内部を隅々まで清掃します!

 

 

以前エアブローをしてみたらガムみたいなものが出てきたりもしましたので、確実に清掃していきましょう!

 

 

また、ミッションを降ろして内部のオイルシール交換やショックアブソーバー等も交換していきます!

 

 

 

 

気持ちよくドライブできるように、尽力して参ります!

 

 

よろしくお願い致します!

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボ240中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 


今日はフロントバンパー亀裂補修です!


鈑金ブログ

以前、当店でご購入いただきましたお客様の愛車

 

V70Rの貴重な貴重なフラッシュグリーンが

 

大変かわいそうなことになっておりました(@_@;)

 

 

バック時にコスってしまったのでしょうか?

 

フロントバンパー下部が大きく垂れ下がってしまっています。

 

 

 

 

 

早速バンパーを取り外します。

 

 

 

 

イケメンが少々残念な感じです(*_*;

 

 

 

 

 

取外して確認すると

 

 

 

 

真ん中部分が割けてしまっています。

 

 

 

 

 

 

塗装のひび割れも激しいですね(>_<)

 

 

 

右サイドの下部も

 

 

 

 

 

 

 

 

左サイドの下部も激しく損傷しています。

 

 

 

 

 

 

 

まずは裏側から補修していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像で見えますでしょうか?

 

 

補強のためステンレスのシートを取り付けています。

 

 

 

 

ハンダで樹脂を溶かして貼り付けていきます。

 

 

最後はパテで埋めています。

 

 

 

 

 

表面も同様に仕上げていきます。

 

 

 

 

 

形状を本来の通常時の状態に戻して

 

 

 

さらにステンレスのシートを埋め込んでいきます。

 

 

もうほぼ見えませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この後はキズを削り、いつものようにパテでキレイに形成していきます。

 

 

途中から作業に夢中になってしまい

 

 

肝心の画像を取り忘れてしまいました((+_+))

 

 

 

塗装後はこんな感じに仕上がりました!!

 

 

 

 

 

日曜日にご返却です(^O^)/

 

 

 

 

 

イケメンの復活です!!

 

 

 

 

 

費用はバンパーの脱着や行程数により若干変動します。

 

詳しくはお電話、またはメールでお問合せ下さい。

 

 

 

K様、喜んでくれるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 


アウディ A4 B6 車検整備 ブレーキ交換


メンテナンスブログ, 未分類

 

 

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!

 

 

タイトルのアウディにハテナが浮かんでいるお客様がいると思いますが、以前アウディの専門店をしていた事もあり未だにご利用いただいているお客様もいらっしゃいます!

 

 

お店の形が変わってもご来店頂けるお客様には本当に感謝しきれません。

 

 

それでは、アウディA4の車検整備に入ります!

 

 

 

 

アウディA4のB6というモデルになります。

 

 

この後のA4(B7)からシングルフレームグリルになり、今のブランドイメージが定着してきました!

 

 

早速ブレーキパッドを交換します。

 

 

 

 

かなりギリギリの残圧です(-_-;)

 

 

アウディは「パッドセンサー」というブレーキパッドが減った事を感知するセンサーがついています。

 

 

ドイツ車は当たり前のようについているのですが、ボルボはついていないのでブレーキが無くなった事に気づかず走行してしまう事があります。

 

 

とても親切な装備ですよね!

 

 

 

 

交換後はこんな感じです!

 

 

厚みの違いが一目で分かると思います。

 

 

続いては、アッパーアームを交換します。

 

 

 

 

アウディの快適なフィーリングを確保するために複雑な足回りになっています。

 

 

そのために、ゴムブッシュへのダメージが大きく、ゴムブッシュが切れてしまいます(-_-;)

 

 

 

 

6年前にブッシュのみを交換済みなのですが、今回はアームごと交換しちゃいます♪

 

 

若干割高ですが、経過年数と走行距離を考えるとボールジョイントが摩耗してくる可能性が高いのでアームごと交換してしまいました!

 

 

 

 

新品は気持ちよいですね!

 

 

ブッシュもこの通り!

 

 

 

 

ヒビも無くしっかりと機能しています!

 

 

アーム取り付けの際は、角度に注意します!

 

 

適当に取り付けると常にブッシュに負担を倍増した状態になる事があります。

 

 

その辺もしっかりと考慮して整備を行なうショップにお願いする事をオススメします!

 

 

以上、松久でした!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 


【新着入庫】ボルボ240ワゴン ライトブルー ★スモールウィンドウ★2016年タイベル交換済★記録簿付


新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

 

本日も新入庫のお車をご紹介します!

 

ボルボ 240 ワゴン ライトブルー

 

です!

 

タイミングベルトは交換済み!

記録簿も10枚以上残っていますので安心ですね!

 

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

フロントフォグランプも装備していていいですね!

このまま時代感を楽しむもよし、

オールペイント等でリフレッシュした240に乗るも良し!です!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

リアハッチには

 

スモールウィンドウ!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

内装はブルーモケットです

 

しっかりとした造りのシートは健在です。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

あと、シートといえば、

240の運転席のシートの座面は、前後がそれぞれ独立して高さ調整ができます!

ご存じない方が多いので、、、。豆知識です★

 

古くても快適性&安全性をちゃんと考えていたんですね!

 

スペアキーも

ちゃんと付属しています!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

そして、窓は4枚ともパワーウィンドウです!

30年経過してもちゃんと動くモーター、すごくないですか?

もちろんメンテナンスは大事だとしても、耐久性の高さが窺えますね!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

他に、もう1台ライトブルーの240が入庫しております!

あわせてお問合せ、お待ちしております!!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 


☆3時間で無事ご返却できました☆


鈑金ブログ

 

本日は、少し前からご予約をいただいたK様の

当日作業の模様をお知らせいたします。

 

何だかんだ言って当日のご返却は少ないので

少々緊張しながらお預かりいたしました。

 

 

 

K様

「代車ありますか?」

 

「代車が全て出払っていますので、当日その場でお待ちいただければ

 3時間もあれば仕上げますよ」

 

 

 

と自信たっぷりにお答えしてしまっておりました。

 

 

 

 

 

ご依頼いただいたキズはこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

只今のお時間は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、スタートです!

 

 

 

 

 

まずはキズを削り込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間はありませんが、この後はしっかりサフェーサーを

塗布していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サフェーサーを研磨した画像です。

 

 

 

 

ベースカラ―を塗装して、

 

 

 

 

クリアーを丁寧に塗装していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構ギリギリになってしまい、肝心の塗装中の画像を撮り忘れてしまいました(@_@;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くもこんな時間です!

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアーの肌調整をして

 

 

 

 

コンパウンド3種類で最終調整します。

 

 

 

 

 

少しお待ちいただきましたが、なんとか14時までに完成しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お待たせいたしました!!

 

 

 

 

 

現車をチェックしていただきまして、無事納車させていただきました。

 

 

 

 

 

※実は今月中は鈑金塗装のキャンペーンを行っておりまして、

 以前に一度でも当店をご利用いただいたお客様には

 塗装費用を20%お値引しております。

 

 

 

 

今回の塗装費用は

 

基本24,000円から20%OFF!で19,200円

 

消費税を含めまして20,736円となりました。

 

 

 

 

K様、ご依頼いただきまして誠にありがとうございました。

 

次はドアのキズだなと、ご満足いただけた事が何より嬉しいです(*^_^*)

 

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 


ボルボ 940 ヒーター噴出し口から煙が出る


メンテナンスブログ

 

どーもメンテナンスの数見です!

 

「ヒーター噴出し口から煙が出る」とのことで診断しましたらヒーターコアからの冷却水漏れでした。

ラジェターの水が室内へ循環しているですがヒーターコアから漏れてきて蒸気となって吹き出し口から放出していました。フロンとガラスも曇ってしまって前が見えません。。エンジンルーム開けて見てラジェターの水みたら入っていませんでした。大丈夫かな?・・・・・エンジン

無論交換作業になるのですが生産終了のためパーツがありません(泣)

しかしながら専門業者さん見つけましたので修理に出してみることにしました。

取り外し作業に入りますがとにかく大変なんです。結構バラさなければなりません。フロント業務、来店の受付、電話対応、車の移動、返却などなどしながらの作業になりますので時間が掛かります。

 

 

取り始めにたところ

 

 

少しずつバラしてます!

 

 

実は作業した日に画像追加しております

 

コア外れました!

 

外れたヒーターコアです!変色してる所から漏れていました。

 

こんな感じです。

業者さんに新しく作製してもらい取り付けていきます。

 

 

 

それでは又・・・・・またねん!

 

 

 

 

 

 

 


【新着入庫】2000y V70Ⅰ最終モデル クラシック★パワーシート★スペアキー★黒本革★走行5万km台★当店直接買取


新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

 

久しぶりにV70Ⅰの最終モデルが入庫しました!

 

 

ボルボ V70Ⅰ クラシック 最終モデル

 

です!

 

内外装の状態も良く、

 

しかも走行距離が

 

5万km台という少なさ!

 

大切にされてきたお車で、

 

ぜひご検討いただきたい1台です!

 

>>>お問合せはこちらから!<<<

 

車輌のボディカラーはシルバーメタリック。

右ドアに薄い線傷がありますが、こちらは磨いて目立たなくなるレベル。

前後バンパーにもほとんど傷がありません!

>>>お問合せはこちらから!<<<

内装にはブラック本革シートを採用。

目立つヘタリやスレもなく、上質な革シートを実感していただけます。

 

運転席にはパワーシート装備。

シートヒーターは助手席を含めた前2席に装備されています!

>>>お問合せはこちらから!<<<

ステアリングにはウッドコンビステアリングを採用。

ウッド部分の割れも無く、きれいな状態です。

 

850時代の雰囲気を残しながらも革新的な進歩を遂げたというV70Ⅰの最終モデルです。

この世代のボルボV70Ⅰは今、状態の良いものが非常にお求めやすい価格になっています。

 

他にもV70Ⅰの特選車輌があります。

こちらもご覧になってみて下さい!

 

いつもどおり、いつでもご試乗いただけます!

お気軽にお問合せ、ご予約下さい。

 

>>>お問合せはこちらから!<<<

 

 

 


【期間延長決定!】3/31まで!毎回大人気!諸費用コミコミ50万円~!最大21.6万円OFF!


Doctor.Vニュース

【期間延長のお知らせ!】

 

3/15(金)12:003/17(日)20:00

の期間限定で行っていた、

最大21.6万円OFF

のスタッフ特選コミコミカー!

 

 

ご遠方のお客様からのお問合せが多く、

期間内の予定がつかない方が多かったので

 

3/31(日)のご契約まで延長いたします!

 

 

最大で、通常価格に比べて20万円以上!

 

お得になるキャンペーンです!

 

3/31までに対象車輌をご注文いただきますと、

 

なんと、

諸費用コミコミ50万円から

 

ボルボに乗れます♪

 

———————————-

<お問合せ>

TEL 0120-157-356

または 042-701-8121

メール info@jpweb.jp

———————————-

さっそく限定6台の特選車をご紹介!

 

<1>ボルボXC90 3.2Lベース シルバー
諸費用コミコミ乗出し総額
→→90万円!
通常価格より8.6万円お得!
・車検2年付き!
・ハーフレザーシート!
・3列7人乗り!

 

<2>ボルボXC90 3.2Lベース アイスホワイト
諸費用コミコミ乗出し総額
→→110万円!
通常価格より11.0万円お得!
・車検2年付き!
・ハーフレザーシート!
・3列7人乗り!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

<3>ボルボXC70Ⅱ ブラックサファイア
諸費用コミコミ乗出し総額
→→60万円!
通常価格より8.8万円お得!
・車検2年付き!
・走行7.5万km!
・純正アルミホイール!

 

<4>ボルボ240GLワゴン クラシックレッド
諸費用コミコミ乗出し総額
→→100万円!
通常価格より17.8万円お得!
・車検H31.11まで!
・コロナアルミホイール!
・人気メッキモール仕様!

 

 

<5>ボルボ240GLワゴン ボーンホワイト
諸費用コミコミ乗出し総額
→→100万円!
通常価格より17.9万円お得!
・車検H31.12まで!
・RECAROシート換装済!
・記録簿、取説有り!

 

<6>ボルボV70Ⅰ T-5 クラシックレッド
諸費用コミコミ乗出し総額
→→50万円!
通常価格より21.6万円お得!
・車検2年付き!
・アルカンタラシート!
・Hターボ240ps!

 

 

早い者勝ちの限定6台!
お早めにお問合せ下さい!

遠方の方も大歓迎です!
現車確認や状態確認、納車後のメンテナンス体制など、何なりとご相談下さい!

 


ボルボ(VOLVO)850 納車整備 昨日の続きです!


メンテナンスブログ

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!(^へ^)b

 

 

この時期は車検場が混みます。

 

 

WEB上で予約しないと受験できないのに、なぜか混雑してしまいます。

 

 

予約の上限もあるのに何ででしょうかね?(-_-;)

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)850の納車整備(昨日の続き)です!

 

 

 

 

ボルボ(VOLVO)850のブレーキパッド・ローターを交換します。

 

 

ブレーキローターは、厚みがあってもサビ等で割れることがあります。

 

 

そこの見分けは経験がものを言うので、しっかりとノウハウのあるところでお願いしたいですね!

 

 

交換後はこんな感じです!

 

 

 

 

ピカピカで気持ちよいですね!

 

 

消耗品の交換はドライビング時のフィーリングに直結するので、しっかりと手を入れておきたいですね!

 

 

続いては、リアのバンプラバー交換です!

 

 

バンプラバーとはサスペンションがストロークして底突きする前に止める緩衝材です!

 

 

これが無いと、金属同士が接触する事になるので結構危険です。

 

 

めったに底突きしませんが、メーカーが採用しているからには正常な状態に戻しておきたいですよね!

 

 

 

 

ぶれてしまっていますが、スポンジみたいなものがバンプラバーです。

 

 

ボルボ(VOLVO)850も20年以上経っていますので、さけられない問題です!

 

 

 

 

これが交換後です!

 

 

ボルボ850が生産中止してからも部品の供給が未だにあるのは嬉しいですね♪

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボ850中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 


ボルボ(VOLVO) 850 納車前整備 エンジンロアマウント交換


メンテナンスブログ

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!(^へ^)b

 

 

本日は17組のお客様とボルボにご来店頂きました!

 

 

最近は予約をギチギチで詰めている状態です。

 

 

なので、ご予約なしでご来店されても対応が厳しい状態です。

 

 

何卒、ご来店の際はご予約の程よろしくお願い致します!

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)850の納車前整備です。

 

 

 

 

エンジンロアマウントの交換です♪

 

 

点検した際は、「マウント内部のオイルが漏れているから交換かな?」程度でした。

 

 

今回は、そんな軽い気持ちがぶっ飛ぶくらい劣化してましたので、最後までお楽しみ下さい。

 

 

 

 

写真で分かるとおり、ゴムからなにやら滲んでいるようです。

 

 

ボルボのエンジンマウントは、内部にオイルが入っている物もありまして、それが漏れているようでした。

 

 

ところが、部品を外してみるとビックリ!\(◎o◎)/!

 

 

 

 

下部固定部分とマウントラバーが外れてしまっていました(^_^;)

 

 

他の車種で聞いた事がありますが、ボルボ850で初めて目にしました!

 

 

コレでは全く機能していませんし、ハードなブレーキング時にエンジンが結構な勢いで動いてしまっていた事になります。

 

 

流石に20年以上経っているので、交換していないボルボ850ですと同じ状態になっている可能性はありますね。

 

 

やはり、部品の点検は外してみて確認する事が一番だと改めて感じました。

 

 

 

 

こんな風になっていたんですね(^_^;)

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボ850中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 

 

 


【新着入庫】ボルボXC70Ⅱ ブラックサファイア★ブラックハーフレザーシート★ナビ★バックカメラ★社外16inアルミ


新着!厳選中古車

皆さん、こんにちは!

 

走行少ないブラックのXC70が入庫しました!

 

ボルボ XC70Ⅱ ブラックサファイア 走行6.6万km

 

です!

 

>>>お問合せはこちら!<<<

 

外装は、ツヤもあってとてもキレイ。

樹脂部分も劣化していません!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

内装にはハーフレザーシートを採用。

滑りにくくて、冬のヒンヤリ感も夏のベタつきも気にならない優れものです。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

パワーシートはついていませんが、故障で動かなくなることが無い事を考えれば良い選択肢ではないでしょうか!

シートヒーターはちゃんとついていますのでご安心下さい!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

ナビもついています。

Stradaの地図はシンプルで見やすいですね。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

そしてバックカメラもついでいます!

カラー画面でとても見やすく、慣れない場所での駐車も安心です。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

内装全体を見ると、人気の木目パネル採用!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

マニュアルモード付きのATシフト。

悪路走行時に頼りになる装備です!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

足元は16インチの社外アルミホイールを装着しています。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

ロープレッシャーターボ搭載の耐え、出足が良く、高速走行も快適です。

コンピューター自動制御によるAWD機構を備えているので、燃費もそんなに悪くありません。

全体的に乗りやすいお車ですので、一度試乗でお確かめ下さい!

 

お問合せお待ちしております!

 

>>>お問合せはこちら!<<<

 

>>>お車詳細はこちら!<<<


【見た目が好き!】ボルボ 240 GLセダン ボーンホワイトをご納車いたしました!


お客様の声

皆さま、こんにちは!

神奈川県のVOLVO(ボルボ)専門店 Doctor.V(ドクターV)です!

 

さて今回は、

【ボルボ 240 GLセダン ボーンホワイト】

をご納車いたしました S 様をご紹介いたします☆

 

 

――当店を知ったきっかけを教えていただけますか?

インターネットで「ボルボ」の「240セダン」で絞って探してました。

 

 

――多くのお店の中から、当店を選んでいただいたのはなぜですか?

欲しい車があったので。

 

 

――実際にご利用頂いて、いかがでしたか? 

良かったです。細かく色々考えてくれたので。

 

 

――ボルボのどんなところが好きですか?

見た目が好きです。セダンが自分にとってはしっくりきました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

ご納車おめでとうございます。

納車早々、お戻りいただくことになりまして申し訳ありませんでした。

ヒューズ接触については改善されたと思いますが、また何かありましたらいつでもお声掛けください。今後ともよろしくお願いいたします。

 


ボルボ(VOLVO) V70 ラジエターコア 交換 水漏れ


メンテナンスブログ

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!(^へ^)b

 

 

本日は18組のお客様にご来店頂きました!

 

 

お待ち頂いたお客様大変ありがとうございました!

 

 

人員や、予約体制を考えながら業務改善に努めて参ります。

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)V70Rのラジエターコア交換です!

 

 

 

 

このモデルのV70Rは非常に人気が高いモデルです!

 

 

高速道路での巡航がとても気持ちよく走れます。

 

 

シートは体全体を包み込むようなスポーティーな形状をしているので、長距離ドライブも快適です!

 

 

是非とも試乗して頂けると良さを実感していただけると思いますので、1回試乗してみてはいかがでしょうか?

 

 

では整備にうつります。

 

 

 

 

ラジエターのつなぎ目から冷却水が漏れています。

 

 

エンジンをかけていない状態なんですが、冷却水を足した矢先から漏れてしまいます(-_-;)

 

 

早めに気づいていたのでオーバーヒートせずによかったです。

 

 

オーバーヒートをしたらエンジンを交換しないといけない場合もありますので、事前の点検が重要になってきます。

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボV70中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 


鈑金ブログ 鈑金豆知識「スプレー缶での、塗装方法」


鈑金ブログ

こんばんは。

 

Doctor.V鈑金の下條です。

 

 

今回は、「スプレー缶を使用した。塗装方法」です。

 

小さな傷を自分で直そうと試されたことはございませんか?

タッチペンや、スプレー缶での塗装を行うと、

 

このように、塗った個所がはっきりわかるようになってしまった

経験はございませんでしょうか?

 

可能な限り目立たせなくする方法として、

まず、塗る際は愛車にあったカラーコードの

スプレー缶を使用して塗ってください。

 

 

タッチペンでは、どうしてもはっきりと境が分かってしまいます。

※スプレー缶での塗装の場合。必ずマスキングをして、

他のパーツに塗料が付かないようにしてください。

 

次に、2パターンございます。

 

その① ぼかし剤を使用する。

ぼかし剤を使用することで、

塗った個所との境目が分かりにくくなります。

 

しかしながら、

塗りすぎると、垂れてしまったり、気泡が出来てしまったりと、

失敗する可能性が高いので、

境目がわかりにくくなったかな?

程度に抑えておくと効果的です。

 

その② グラデーションを作るように塗る

こちらについては、テクニックが必要になってきます。

塗る際は、少し離して、塗ることで広範囲に塗料が薄く塗れるため

うまくグラデーションを作れるようになります。

 

 

以上。

「スプレー缶を使用した。塗装方法」でした。

 

 

では、また~(‘ω’)ノ


【新着入庫】ボルボ 850 R ★希少!純正ブラック★オリジナルコンビステアリング★専用AWボランズ


新着!厳選中古車, 未分類

皆さん、こんにちは!

 

今日、この車を久々にご紹介できることがとても楽しみでした!

 

本日入庫したお車をご紹介します。

 

 

ボルボ 850 R 特別限定700台 純正ブラック

 

 

です!

 

 

インタークーラー付きターボ搭載230ps

1996年モデルとして国内700台が限定販売(翌1997年モデルとして300台追加)されました。

かれこれ23年が経過し、状態の良いお車はなかなかお目にかかれなくなってきました。

 

しかも、人気のブラックは本当に数が少ないですね!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

リアスポイラーもRならではですね!

外装には大きな傷も無く、とてもきれいに仕上がっています!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

ブラックアルカンタラシート。多少のスレはありますが、全体的には状態は良いですね。

スウェード調になっている部分がポイントです!

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

 

ステアリングはR専用純正のものに加工を施してあります。

ウッドコンビステアリングになっており、質感も高いです。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

 

クルーズコントロールも装備しています!

高速での遠距離ドライブも樂々ですね。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

850R専用 17inchの純正ホイール「ボランズ」を装着しています。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

 

細かいところですが、センターアームレストに内蔵されているカップホルダー。

雑に扱うとアーム部分がすぐに折れてしまうんですが、こちらは2つともまだ使用可能です。

丁寧にお使いだったところがこういうところにも現れていますね。

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

 

エアコン操作パネルです。

左右の温度を変えられる優れもの。

ですが、経年劣化により吹き出し口の方向などがうまく動かないものがあります。

ドクターVでは、こうしたところも納車前にチェックしてお渡ししております!

 

本日入庫しております!

試乗予約、問合せなんでも大歓迎です!

お気軽にお問合せ下さい!

 

 

>>>お問合せはこちら!<<<

 

 

 


ボルボ(VOLVO)850 ヒーターコア 修理 交換


メンテナンスブログ

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!(^へ^)b

 

 

昨日忘れてしまったホワイトデーのお返しを無事に渡す事が出来ました!

 

 

まつ毛美容液や、歌舞伎者保湿パックなど変なものを毎年お返ししていますが、今年はスープをお返ししました。

 

 

一見最中なので誤って食べないように気をつけて下さい!

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)850のヒーターコア交換です。

 

 

少しづつ冷却水が漏れているとの事でしたので様々な部品を外してみましたが、ヒーターコアからでした!

 

 

 

 

緑色の物がクーラント(エンジンの冷却水)です。

 

 

クーラントが蒸発すると甘い臭いが室内に充満するので、甘い臭いも重要なヒントになります。

 

 

ちなみにクーラントはなめると甘くて、舌がビリビリしびれます。

 

 

何が漏れているか分からないときは味覚も使いながら点検していくんですよ!

 

 

新品部品と比べてみるとこんな感じです!

 

 

 

 

黒くて左にある物が新品で、右が古い部品になります。

 

 

フィンの上部からにじみがありました。

 

 

初期段階なので大事にはなりませんでしたが、破裂する事もあるので定期的な確認が必要です!

 

 

 

 

しっかりと清掃して組みつけて行きます!

 

 

交換後は、再度漏れが無いかを確認して内装を取り付けていきます!

 

 

 

 

フロアマットが使い物にならない場合もあるので、よかったです。

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボ850中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 

 


ボルボ(VOLVO)240 納車前整備 車検 修理


メンテナンスブログ

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です(^へ^)b

 

 

今日はホワイトデーですね!

 

 

昨日お返しを買いに行ったのに、お店に持ってくるのを忘れてしまいました(-_-;)

 

 

プレゼントはタイミングが重要なので来年は忘れぬように気をつけていきます!

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)240の納車前整備、車検です。

 

 

 

 

コロナホイールやメッキモールなど人気が高い仕様となっております!

 

 

整備点数が非常に多くまとめきれないので、今回はウォーターポンプのみを写真に留めさせていただきました!

 

 

 

 

タイミングベルトの交換を指示されましたのでウォーターポンプも交換していきます。

 

 

ガスケット(部品同士の隙間を埋める紙状の物)を使用している際は、ガスケットを剥がすのに結構な時間を使います。

 

 

綺麗に剥がした後はこんな感じです!

 

 

 

 

ガスケットが少しでも残っていると組み付けた後に冷却水の漏れを誘発してしまうので注意が必要です。

 

 

また、雄ネジや雌ネジもついでに掃除しておくと後々のトラブル防止につながります。

 

 

 

 

ウォーターポンプの取り付け面もオイルストーン等で平面を出したり、角のバリを取り除きます。

 

 

運送時にぶつかったりして面が荒れている時も多々あります。

 

 

 

 

スタッドボルトも移植して組み付けます。

 

 

奥にはリビルト済みのエアコンコンプレッサーも見えますね!

 

 

ベルトの張りもしっかりと調整する事で最適な状態を維持できます。

 

 

以上、松久でした!

 

 

 

ドクターVのボルボ240中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 

 


1 / 712345...最終»