AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ 専門店 ドクターV(Doctor.V)

V70 エアコン故障 コンプレッサー交換


メンテナンスブログ

こんにちは!

 

メンテナンスドクターの松久です(^へ^)b

 

三連休中に台風が接近しております。

 

前回の台風で店舗にも被害が出ましたので、しっかりと対策をしていきます。

 

エアコンが効かないとの事でボルボV70が入庫しました!

 

 

原因はコンプレッサーのマグネットクラッチ不良でした。

 

状態はこんな感じです!

 

 

鉄粉が回りに付着しております。

 

外側はとても綺麗でした。

 

 

新品部品はこんな状態です。

 

 

交換後のテストは無事に終わり、正常に作動しました。

 

これでフロントガラスが曇っても除湿できますね!

 

以上、松久でした!

 

ドクターVのボルボV70中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 

 

 


V70 エアコン修理


メンテナンスブログ

 

 

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です(^へ^)b

 

 

猛暑が続いておりましたがようやく落ち着いてきましたね!

 

 

今回は、エアコンが効かないとの事でボルボV70が入庫いたしました!

 

 

 

 

エアコンが効かない原因は、V70のコンプレッサーが故障(ロック)しておりました(^_^;)

 

 

 

 

プーリーの周りに焼ききれたベルトカスがついているのが分かると思います。

 

 

大事にならずに安心しました。

 

 

エアコン内部は、鉄粉が回っている可能性があります。

 

 

エキスパンションバルブやドライヤーも念のために交換します。

 

 

鉄粉がコンプレッサーに回ってしまい、交換後のコンプレッサーがまた壊れてしまう可能性があります。

 

 

ドライヤーは、中身を交換するタイプでリーズナブルです。

 

 

 

 

上が新品で、下が今までついていたものです。

 

 

鉄粉は回っていないようでしたが、配管内を洗浄します。

 

 

 

 

こちらが新品のコンプレッサーです。

 

 

交換後は真空引きを行い、ガス漏れテストも同時に行ないます。

 

 

無事に漏れなくエアコンコンプレッサー、エキスパンションバルブ、ドライヤー交換が無事に終わりました!

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボV70中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓

 


V70 エアコン効かない コンデンサー 交換


メンテナンスブログ

 

 

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です!(^へ^)b

 

 

今日から梅雨入りしたところが多いみたいですね。

 

 

洗濯物が乾かない季節となってきたので、乾燥機付き洗濯機の導入を真剣に考えております。

 

 

さて、今回はボルボ(VOLVO)V70のエアコン修理です♪

 

 

 

 

ソニックブルーのV70Rでございます!

 

 

エアコンガスを補充しても直ぐにガスが抜けてしまい、エアコンが使えなくなってしまったそうです。

 

 

最近は30度越えの暑さが続いていたので、耐えるに耐えれない状況でした(-_-;)

 

 

点検したところ、このボルボV70はエアコンのコンデンサーという部品から漏れておりました。

 

 

コンデンサーはエアコン内の冷媒を液状化するための装置です。

 

 

液状化した冷媒を車輌内部にあるエバポレーターで冷媒を気化させます。

 

 

その際の吸熱現象を利用して冷やしてるんですよね!

 

 

化学の話になったので詳しくはお伝えできませんが、簡単に仕組みを伝えるとこんな原理でエアコンは機能しています。

 

 

外してみると、冷媒と同時にコンプレッサーオイルが出てきていたのか、埃が付着していました。

 

 

 

 

 

 

エアコンガスの漏れ箇所を探すには、専門の機械を使いますが、こういった所からも漏れ箇所を特定できます。

 

 

新品はこんな感じ!

 

 

 

 

とても綺麗ですね!

 

 

フィン部分が綺麗なので、以前よりも更にエアコンが効くようになります。

 

 

交換する際には、フロントバンパーを取り外します。

 

 

ボルボV70Rは車高が低いので下回りを擦ったり、引っ掛けてダクト部分を変形してしまう事があります。

 

 

今回も修正できるところまで修正いたしました!

 

 

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボV70中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓