AX
VOLVOの中古車販売・買取・点検・メンテナンスなら
ボルボ専門店 Doctor.V(ドクターV)

☏ お問合せ電話番号

0120-157-356相談無料

神奈川県相模原市南区上鶴間1-8-3

営業時間

10:00 ~ 20:00(月火木~日)

12:00 ~ 20:00(金)

定休日 水曜日

ボルボ 専門店 ドクターV(Doctor.V)

ボルボ 850 サーモスタッド 交換


メンテナンスブログ

 

 

こんばんは!

 

 

メンテナンスドクターの松久です(^へ^)b

 

 

本日、4月8日は「タイヤの日」なんですよ!

 

 

皆さまご存知でしたでしょうか?

 

 

由来は、春の全国交通安全運動の 実施月である4月を、また8は輪(タイヤ)のイメージからとったそうです。

 

 

日本自動車タイヤ協会が制定したそうです!

 

 

では、今回はボルボ(VOLVO)850のサーモスタッド交換です。

 

 

 

 

写真のゴムホースが刺さっている箇所にサーモスタッドが入っています。

 

 

サーモスタッドは、水温を適正にする機能があります。

 

 

暖気時にエンジンが早く温まるようラジエターへの水路を遮断しています。

 

 

適正温度になったら、サーモスタッドが開いてラジエターへ冷却水が流れるようになっております。

 

 

ラジエターは冷却水を冷やす役割をしているので、適正温度になってから初めて冷やす方向に向かいます。

 

 

サーモスタッドが壊れると、「オーバーヒート」か「オーバークール」につながります。

 

 

「オーバーヒート」は文字通り熱くなりすぎてしまいエンジンが壊れてしまいます。

 

 

また、「オーバークール」は常にエンジンが冷えた状態でエンジンの調子を崩してしまいます。

 

 

サーモスタッドを外してみるとこんな感じです!

 

 

 

 

この状態ですとボルボ850は「オーバークール」になってしまいます。

 

 

暖気状態を早く終わらせるために燃料を多く噴くのでプラグが被ったり、燃費が悪くなったります。

 

 

以上、松久でした!

 

 

ドクターVのボルボ850中古車状況はこちらをクリック!

 

 

 

直接のご相談もお気軽に!
お問い合わせはこちらから↓