FAQ よくあるご質問

Q. 古いボルボは維持費が高くかかりそうで心配…
A. 日本車に比べたら維持費はかかります。ですが、トータルで考えると…
古いボルボの240や940は、新しい車に比べると定期的にメンテナンス代がかかるでしょう。
ですが、コンピューターや最新機能などがついていない分、部品はとてもシンプルでトータル的に見ると実際はそんなにかからないです。
なおかつ、使用する部品に、中古パーツや社外パーツを使うことでお安くご提示させて頂くのもドクターVは得意としております。 特に、古いボルボに関しては沢山乗れば乗るほど車自体が元気になりますので、定期整備などをきちんとして頂ければより良いと思います。 実際に47万キロほど乗られているボルボオーナー様も居ますので、しっかり整備して乗り続ければ、ずっと長く好きな車に乗ることが出来、何台も車を乗り換えるよりお手頃だと思います。
Q. 「ボルボ安全神話」なんてよく聞くけど、具体的には?
A. 世界初 3点式シートベルト、チャイルドシート、ヘッドレスト、アイサイトの開発等、世界最先端の安全性を常に追求している企業がボルボなのです。 『1回の衝突テストには多額の費用がかかる。だから、失敗は許されない。』ボルボでは、安全の追求のために、何度も衝突実験を実施しています。
こうして得た、実際のデータにもとづき、安全性の高い車を作り上げています。
6億5,000万スウェーデンクローナ(約100億円)にのぼる新セーフティセンターへの投資について、ボルボ・カー・コーポレーションの開発担当副社長であるハンス・グスタフソンは以下のように語っています。
「ボルボは今、安全性の面で世界のリーダーとしての地位を固めつつあります」と。

ボルボの安全性は世界的にも認められたものとなっております。
例えば今皆様が当たり前のように使っている3点式シートベルトは、ボルボが開発したものです。
もちろん新型でもたくさんの安全機能を世界初で開発しております。
XC90では道路からの逸脱時に乗員を保護する「ランオフ・ロード・プロテクション」や、交差点等での出会い頭の衝突を未然に防ぐ自動ブレーキなどの機能も発表しております。

古いボルボでお馴染みの240や940などはスウェーデン鋼を使った「世界一安全なファミリーカー」と評価されており、衝突の際に守ってくれる強いボディ、衝突時に車内での怪我がないよう内装は柔らかい材質の物を使うなど、今でも安心して乗れる理由の一つとなっております。

今、ボルボが目指すのは、衝突しない車をつくることです。
ボルボは「2020年までに新しいボルボ車において、交通事故による死亡者や重傷者をゼロにしたい」と考えています。

世界保健機関(WHO)の推計によれば、交通事故による死者は、毎年およそ120万人、負傷者は5,000万人以上にのぼります。
何らかの対策を取らなければ、この数字はますます増えていくと推測されます。

ボルボは衝突事故のない未来像を描き、その実現のためにいち早く取り組んでいます。
Q. ボルボの給油は、レギュラーでも大丈夫?
A. 元々欧州では、レギュラーとハイオクを半分ずつ入れるとちょうど良いと言われています。
レギュラー、ハイオク、迷われる方も多いですが、実際どちらを入れても支障はありません。

しかし、指定ガソリン以外だと走りの低下や燃費の悪化方向になると思われます。
楽しいスムーズなドライブであれば、ハイオク仕様の車なのでハイオクガソリンを入れて頂くことをオススメします。
Q. ボルボの燃費はどれくらい?
A. 車種によって違いますが、カタログ値からほとんど落ちていないので長く乗っていく中で先々の事をイメージしやすいですよ。
実際、古いボルボと現在の日本車とを比較すると、比べものにはなりません。
ですが日本車の場合は、だいたい新車から10年も立てばガクンと落ちてしまいますので注意が必要です。

ボルボは燃費が悪いイメージですが、最近のボルボですと2012年以降ではエンジンの改良がされて、リッター16Lと、家計に優しくなってきています。
Q. ボルボの革シートおすすめのメンテナンス方法は?
A. 一番良い手入れ方法としては汚れがあれば水拭きで拭き取り、半年に1回くらいはしっかり保湿クリームなどを塗って手入れされることをオススメいたします。
ボルボでは年に2~4回のお手入れを推奨しています。
ボルボ純正でもリムーバーが出ていたりしますが、少し高いので市販の物でも大丈夫です。
継続することが重要です。

シートが劣化してしまっても、ドクターVでは「クラシックシートカバー」というシートをボルボ240専用に開発し、販売しておりますのでご安心ください。
「クラシックシートカバー」の詳細はこちらをクリック
Q. ボルボのおすすめ洗車方法は?
A. ボルボに限らず、まずしっかりと全体を水ですすぐことをオススメいたします。
塗装面に付着した鳥の糞は、塗装を変色させる恐れがありますので、必ず取り除いておきましょう。
洗浄中に引っかき傷ができるのを防止するため、車体の下面の汚れもよく洗い落としてください。

十分な量のぬるま湯と、カーシャンプーおよびスポンジを使用して洗車しましょう。
ワイパーブレードは、洗剤を入れたぬるま湯、またはカーシャンプーで洗ってください。

おわりに、車体から水分を拭き取ります。
直射日光によって水滴が乾いてしまわないように注意すれば、シミがつく可能性が低くなります。

また、車の塗装が綺麗なうちにコーティングをしておくこともオススメします。
表面が守られ、水で汚れがしっかりと取れるので、長く良い状態を保つことができます。
コーティングに関する詳細は、お気軽にご相談ください。
Q. ボルボは走行距離 何万キロまで乗れる?
A. 一概に何万km、とはいえませんが、定期的なメンテナンスをすることで相当の距離を乗っていただけます。
ボルボの故郷スウェーデンでは「直して乗り続ける」という考え方が浸透しています。
大切に1台の車を乗っていく事にこだわる方が多いです。

当店のお客様の最高記録は47万kmですし、世界的に見てみると450万kmという記録が残っています。
当店では、純正部品だけでなく社外部品・リビルト部品・中古部品など、お客様のご要望によって様々なご提案をしております。
こうした正規ディーラーではできない対応を続けておりますので、末永く、なるべくコストを抑えてカーライフをお楽しみいただけます。
Q. 欲しい年代のボルボを注文できる?
A. はい、注文販売も可能です。しかもお安く買える可能性が高くなります。
全国のオートオークション会場に出品されている車輌の中から、直接ご紹介することが可能です。

直接ご紹介する方法ですから、当店としては在庫期間を考える必要が無いため、店頭に並んでいるお車をご購入になるのに比べ、同じご予算であれば程度の良いお車をご紹介できる可能性が高くなります。

また、同じ程度のお車をご希望の場合には、よりお求めやすい価格でご提供できる可能性が高くなります。

ただ、オークションに車輌が出品される際は、入札日の前日~3日前に情報が公表されるなど、タイトなスケジュールとなります。
そのため、あらかじめ担当者にご相談いただき、ご希望の条件などをしっかりと固めておいていただく事が、より早くお車を手に入れるコツです。
Q. 中古車ボルボの納車日数はどれくらい?
A. 整備プランや車の状態によっても変わりますが、おおよそ目安として約3週間を予定しています。
整備プランがいくつか種類があるので、点検項目が多いプランなどの場合はお時間を頂くこともございます。
ただ、しっかり整備してその後、長く乗るということを考えると、約9割のお客様がしっかり整備できる「人間ドックプラン」をお選びになります。
また、ボルボ240やボルボ850などの古い車の場合は、劣化などを見るために試乗を繰り返したりすることもありますので、その分お時間を多く頂戴する場合もあります。
しっかり点検して、お客様に安心してお乗りいただけるように整備させていただきたいと考えております。
Q. ボルボ専門店ドクターVのおすすめポイントは?
A. なんといってもドクターVは、ボルボ中古車台数日本一!あなたにピッタリのボルボが探せます!!
また、輸入車で一番心配であるメンテナンスの事を考えて、自社に整備工場を持っています。
ボルボ専門でリフトを6基所有するのは日本で唯一、ドクターVだけです。

常時試乗できる在庫が200台、年間整備件数は2,000件を誇り、また、OLDボルボに精通した整備士、スタッフも在籍しております。

ボルボ買うのも売るのも修理も、ボルボに関することはすべてドクターVにお任せください!
中古部品の買い取りや、車輌の全国出張買取も行っております。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
Q. ボルボの複数車種の乗り比べはできる?
A. はい。可能でございます。思う存分、ボルボをご堪能ください。
ドクターVでは販売車種がすべて試乗可能となっておりますので、その場でお車の試乗準備など行えます。

事前にお電話頂ければピカピカのボルボをご用意してお待ちしております。
「何台まで」という試乗車種の限定もしていないので、思う存分古い車から新しい車までお試しくださいませ♪

もちろん、30年程前の240なども試乗可能でございます。
Q. ボルボ中古車購入のために事前のローン審査はできる?
A. いつでも無料審査が可能でございます。ネットからでも審査のお申し込みが可能です。
ご来店時であれば、お車を見て頂いている間に20分ほどで無料審査ができます。

ご来店が難しい場合でも、当サイトからも可能です。
詳しくはこちらをクリック「ローン事前調査」
Q. ボルボの中でもFF、FR、AWDの違いや特徴は?
A. よくお客様に聞かれるのは、雪道走るならAWDじゃなきゃダメですか?という事ですが、一概にそんなことはありません。
確かにFRよりFF、FFよりはAWDが雪道には強いと言えますが、装備次第で十分走ることが出来ます。
ただ、雪道に強いと言われるAWDであっても、雪道での運転は十分に気を付ける必要があります。
これはFFでもFRでも同じです。

特長としては、FFは前輪駆動車です。
前輪で車を引っ張る形で走るため、比較的きびきびとした動きになります。

逆にFRは後輪駆動車です。
プロペラシャフトで動力を後輪に伝えて走ります。
後ろから押されているような感じで、一般的にはゆったりした乗り心地です。
生産コストがかかるため、比較的高級車と言われる車に採用されることが多いです。
また、3種の中ではハンドルの切れ角が一番大きい(=よく曲がる)ので、運転しやすいです。

AWDは全輪駆動車です。
路面状況が悪くてもほかの2種より走破性に優れます。
地面に吸い付くようなコーナリングや、力強い走り口が人気です。
ただどうしても燃費や操作性(=小回り)の面で他の2種より劣ります。

実際にご試乗いただき感覚でお選びいただくお客様もたくさんいらっしゃいます。
ドクターVは全在庫車試乗可能ですので、ぜひお気軽にお試しください。
Q. ボルボを売るには?
A. ドクターVではどんなボルボでもお断りすることはございません。
稀少な古い車であれば高額査定をさせて頂いております。
また、全国出張買取も行っております!

当店スタッフもボルボオーナーがたくさんいます。
スタッフ同士でもよく話すのですが、自分の愛着のあるボルボは、できれば誰か次のオーナー様に引き継いで欲しいですよね。

ドクターVではどんなボルボでもお断りすることはございません。
まず一番にそのボルボを次のオーナー様に受け渡せるように最善を尽くしております。
それが壊れてしまったボルボでも、古いボルボでも、たくさん走ったボルボでも必ず最低1万円から価格を付けさせて頂いております。

ぜひお気軽にご相談ください。
Q. 中古ボルボの買い取り金額はどのくらい?
A. まずはお電話ください。おおよその価格をお伝えできるお車もございます。
古いボルボや稀少なボルボなどは、できれば直接お持ちいただければと思います。
お電話だけでは判断できない魅力的な価値を、ドクターVがみつけ出させていただける可能性もあります。

事前にご予約いただいておれば、お待たせせずに対応させていただきます。
Q. 遠方からボルボの中古車を購入できる?
A. はい、可能でございます!お気軽にお電話ください。
ボルボの専門店は全国に何社もある訳ではないので、当店でも遠方からのお問い合わせがとても多いです。

北は北海道、南は沖縄まで・・・。
通販での販売も力を入れておりますので、どんどんお気軽にお電話頂ければ幸いです。

メールや電話、もちろん郵送でのやり取りも行っております。
まずは、一度お話をお伺いさせてください。
その際はどうぞご遠慮なくフリーダイヤルをご利用くださいませ。

ドクターVがあなた様のボルボライフを全力でサポートさせていただきます!

まずはお気軽にご相談ください

営業時間

月・火・木・土・日

11:00~20:00

12:00~20:00

定休日 水曜日
営業時間
月・火・木・土・日

11:00~20:00

12:00~20:00

定休日 水曜日