staff スタッフ紹介

  • 販売・買取

鈴木 淳

星の数ほどある車の中から一台の車を選ぶ「楽しさ」をお伝えしたいです!

業務歴 入社8年目
国産ディーラー勤務2年、不動産、広告関係
資格 ・第一種中型自動車運転免許
・損害保険募集人資格
(自動車保険、火災保険、障害・疾病保険)
・全日本弓道連盟段位 伍段

Doctor.V に入ったきっかけは?

大学卒業後に入ったディーラーで、下取車としてボルボ850 エステート(ダークグリーンかダークオリーブ)が入ってきたところに遭遇しました。そのとき、車がキラキラしていたのを今でも覚えています。これがきっかけでボルボに興味を持ち、しかし系列が違うためディーラーにいる間は買うわけにもいかず、しばらくは国産車生活が続きました。不動産業界に身をおいていたころも、車を購入する機会があるたびにボルボを検討していましたが縁が無く、相変わらず国産車生活が続いていました。その後、叔父の会社を手伝うなどしているうちに、なんとドクターVの求人広告と出会いました。そして3 時間以上に及ぶ面接と約2ヶ月の待機期間を経て、晴れて入社。2011 年2 月14 日のバレンタインデー入社でした。

どんなお仕事?強みやボルボへの想い入れ

最初は、ボルボを売ることが仕事と思っていました。確かに売ることは大切ですが、最近はお客様と一緒に車を選ぶ楽しさを味わっています。大きな買い物ですから緊張はしますが、でも欲しいときに手に入れるのも大切です。思い切りの良さと慎重さのバランスをうまくとっていただいて、楽しいボルボライフをスタートしていただければと思っています。日本有数の在庫数を誇る当店です。探しているボルボが当店に無ければ、おそらく他店に赴かれてもなかなか良いご縁に恵まれることは至難の業です。即決できるお車をご紹介するために、まずはじっくりとお話をしてからお車をご覧いただけるように心がけています。自分もボルボユーザーです。少し前までは1997 年最終モデルの850 エステートに乗っていました。最近、18 年も大切にお乗りになっていた940 エステートをお買取りした際、そのお客様とお約束したので私が責任持って引き継がせていただきました。現在18 万km を超えていますが、ほぼ快調です。あくまでも「ほぼ」ですが、それが良いと思えるようになりました( 笑)

入社前や幼少期は何をしていましたか?どんな学生・子供でしたか?

幼いころはおとなしい子供でした。同居していた祖父にはよく横浜駅に連れて行ってもらい、横浜高島屋の屋上にあった金魚釣りに勤しんでおりました。祖父は職業軍人だったため、戦争の話をよく聞かされました。小さなころは全く興味が無く意味も分からなかったのですが、小学校・中学校と歴史を学ぶようになってからその意味がだんだんと分かるようになり、日本の歴史に大いに興味を持つようになりました。高校生のころには、日本史だけは良い成績を出せていました。自分で調べて知識を得ていくと、忘れないものですね。また、ストーリー仕立てで歴史を考えられることが出来るようになったのが良かったのかもしれません。そのストーリーたるや、「劇場版 日本史」なんてタイトルつけたくなるくらいでした。今にも続く和物好きはこの辺りがルーツなのかもしれません。そして、まったく日本史とは関係の無い勉強をしに大学へ(笑)。大学では、高校から始めていた弓道にのめり込んでいました。講義はちゃんと受けていましたが、ほとんど休むことも無く、弓を引いていました。大学卒業と同時に某国産車ディーラーに就職。父が車を買った営業マンさんのいる会社でした。そこで車のことを少しかじった後、流行のIT 業界へ。その後、不動産業界を経て現在に至ります。

趣味や好きなことについて教えて?

15 歳のころから弓道を始めた影響もあるのか、和物に囲まれていると落ち着きます。コーヒーよりもお茶。タキシードよりは羽織袴。車よりは駕籠。ウソです。城や神社仏閣めぐりも好きで、京都の洛中は、いまやナビなしである程度のところにいけるようになりました。御所の建礼門から南にまっすぐ、新幹線の線路まで歩いたこともありました。城に行けば、どこから攻めれば落とせるか・・・を考えるようになったり、修復の話が出ると、いわゆる「一口城主」に申し込みを怠りません。洒落た現代風のものよりも、味のある渋いものの方に興味がわきます。なので、正直なところ、現行型ボルボよりも850や940、240、V90あたりの方が好きです。でも現行型は現行型で最新装備があってうらやましい気も少しだけあります(笑)アウトドアや料理も好きなので、ボルボオーナー様に一堂に会していただいて、バーベキュー大会などを企画したいと願っている今日この頃です。